MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > デザインは引き算

デザインは引き算

by 山浦 仁 / 2016.02.16

  1. Web制作
  2. Webデザイン

質問ちょっと派手目の情報量の多いページがあったとします。

あなたは、資料請求へのボタンをもっと目立たせたいと考えました。

どうやったら、目立つと思いますか?

とにかくクリックしてもらえるなら、どんな手を使っても良いです。


答えは1つじゃないです。

いろんな答えが考えられます。

この質問を当社の新人に質問したら、次のような答えが返ってきました。

「ボタンを大きくする」

「色を赤など目立つ色にする」

やってみれば分かりますが、派手目な情報量の多いサイトでこの程度のことをしても、全然目立たないです。

そこで、少し経験のあるデザイナーにも聞いてみたら、次の答えが返って来ました。

「周りの色を少し抑える」

■デザインは引き算だとよく言われます。

よくやってしまいがちなのが、あれも目立たせたい、これも目立たせたいといって、ちんどん屋の衣装みたいなサイトにしてしまうことです。

こうなってしまうと、逆にメリハリが無くなり、本当に目立たせたいものが目立たなくなります。

例えば、モノクロの人物写真に赤い口紅ってすごく目立ちますよね。

これと一緒で、結局、組み合わせなんです。

例えば、周りが静止画なのであれば、ボタンにほんの少しだけ、キラッと光るような動きを入れてみるとか、静止画の世界観の中で、一箇所だけ動いていたらすごく目立ちます。

■今はシンプルなデザインが主流なのでちんどん屋の衣装みたいなサイトはだいぶ減ってきましたが、もし、肝心のボタンが目立たないなぁ、反応が薄いなぁと思ったら、周りがうるさくなっていないかチェックしてみてください。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する