MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)
06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > 新サービスのWebサイトは同ドメイン?サブドメイン?それとも別ドメイン?

新サービスのWebサイトは同ドメイン?サブドメイン?それとも別ドメイン?

by 山浦 仁 / 2014.08.25

  1. SEO
SEO

質問今度、新サービスを立ち上げます。会社のWebサイトが1つありますが、新サービスの紹介サイトをそれとは別ドメインで立ち上げるのか、サブドメインなどにするのか、それとも同じドメインの中に入れるべきなのか迷っています。どうするべきでしょうか?


回答もし、新サービスの内容が既存のサイト内容と関連したものなのであれば、同じドメインの中に入れるべきです。逆に、新サービスの内容が全く畑違いの内容なのであれば、ドメインを分けるべきです。


例えば、新築専門の住宅工務店がリフォーム部門を立ち上げる場合は、Webサイトを同一ドメインの中に立ち上げます。しかし、飲食店を始めた場合は、別ドメインでWebサイトを立ち上げた方が良いです。なぜでしょうか?Webサイトには、「1テーマ1サイト」の法則というものがあります。

なぜ「1テーマ1サイト」が良いのでしょうか。
これには2つの理由があります。もう1つの理由は、検索エンジン最適化(SEO)対策上のものです。 

検索エンジンは、テーマ(キーワード)毎にWebサイトを順位付けをしています。順位付けの基準は、そのテーマに関する情報の量と質の両面です。だから、できるだけ情報を充実させた方が良いのです。


住宅工務店がリフォーム部門を立ち上げる場合、リフォーム専門のWebサイトを別ドメインで立ち上げたくなるかもしれませんが、住宅工務店としては、同一ドメインに入れた方がWebサイトの評価は高くなります。

同一ドメインに入れたからといって、リフォーム部門のWebサイトがリフォームというキーワードで不利になる訳ではなく、きちんとそのWebサイトをリフォームというキーワードでSEO対策していけば問題ありません。

以前はSEOで外部リンクの評価が高かったので、積極的に別ドメインでWebサイトを立ち上げることが多かったのですが、現在はSEOを理由に別ドメイン化するメリットはありません。


ならば、飲食店のWebサイトを同じように同一ドメインの中に入れても良いのではないかと思うかもしれません。しかし、こちらはNGです。

1つのドメインの中に、いろいろなテーマの話題が混在していると、検索エンジンもユーザー同様に、「このWebサイトのテーマは一体何なのか」が分からなくなり、肝心のキーワードで上位表示されなくなってしまうからです。

別ドメインo同ドメイン
そういう意味では、よくスタッフブログや社長ブログなどでランチや飲み会の話題ばかり更新している場合なども注意が必要です。Webサイト全体のページ数が100ページ以上あって、その中にある社長ブログで数ページ程度、ランチの話があっても問題ありません。しかし、30ページ程度しかないWebサイトのブログで、ランチの話題が10ページ以上あったりしたら、SEOに悪影響を及ぼす可能性は高くなります。ブログで本業とは関係ない話を中心にしたいのであれば、別ドメインで行うか、アメブロなどを利用する方が良いです。

ちなみに、原理原則は以上なのですが、テーマが同じでもあえて別ドメインでWebサイトを立ち上げる場合はしばしばあります。

例えば、ターゲットが全く異なり、ブランディング上、同一ドメインが好ましくない場合です。分かりやすい例で言えば、トヨタ( http://toyota.jp/ )とレクサス( http://lexus.jp/ )です。

前者は、分かりやすさ、親しみやすさ重視で、庶民的な雰囲気です。きっちりとエコカー減税に関する記載などもきっちりと目立つ箇所にあります。
しかし、後者は、高級感溢れる写真や動画を多用し、多少サイトが重くなっても演出重視です。アートやゴルフなど、ターゲットに合わせたライフスタイル情報なども目に入り、「ちょっと敷居が高いな」と感じる人も多いはずです。富裕層のみを選別しようとする意図を強く感じます。toyota.jpへのリンクすらありません。

トヨタ公式サイト
トヨタ   http://toyota.jp/


レクサス公式サイト
レクサス   http://lexus.jp/

他にも、ECシステムや基幹システムとの兼ね合いで同じサーバに格納することができない場合や、運用管理上の問題で別ドメインにする場合もあります

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~17:00

今すぐ相談する