Google検索結果ページのリニューアル

先月6日にGoogleの検索結果ページがリニューアルされ、約1ヶ月が経過しました。
どの部分が変わったのか、また、サイト管理者が注目しておくべきポイントを紹介したいと思います。
最も大きな変更点は、検索結果ページの左側に、「ブログ」「画像」などのジャンルや期間でWebサイトの絞込みが行えるナビゲーションパネルが追加されたことです。

これまでは「検索ツール」という機能をONにすることで同じようなナビゲーションを表示させることができたのですが、今回のリニューアルで、はじめから表示されるようになりました。

■リニューアル前
Google 検索ツール

※リニューアル前「検索ツール」の主な特徴はこちらから
https://www.weblab.co.jp/blog/2009/05/google_3.html

■リニューアル後
Google検索結果ページのリニューアル

また、このナビゲーションパネルでは、「ブログ」「画像」など、
ユーザーが目的に応じて絞込みを行えるだけではなく、キーワードに応じて、
その検索結果ページで適切な絞込みメニューの種類が提示されます。

例)

「サッカー」で検索すると『ニュース』『動画』『画像』『書籍』が表示され、
002.gif

「新宿御苑」で検索すると『地図』が表示される。
003.gif

今回のリニューアルにおいてサイト管理者が意識すべき点は、Webサイトの更新頻度の重要性です。
Google 検索エンジン最適化スターターガイド」(PDFファイル)でも、「独自で新鮮なコンテンツを作る」ことの重要性が説かれています。
つまり、ページを頻繁に更新すること、新しいコンテンツを作成することはSEO対策としてもプラスに作用するということです。
それに加えて、今回のナビゲーションパネルの絞込みメニューには、「最新記事」「24時間以内」など、ページの作成された期間で検索結果の絞込みが簡単に行えるようになりました。

■最新記事
004.gif

■24時間以内
005.gif

Webサイトの更新頻度がアクセスアップにつながるという傾向がこれまでより鮮明になるかもしれません。

  • このページを共有する