おさえておこう!Facebook広告とリスティング広告の違い

おさえておこう!Facebook広告とリスティング広告の違い自社ビジネスへの広告活用を検討する際に、「Facebook広告」と「リスティング広告」のどちらを利用するのが良いか、悩んでいる方も多いはずです。
どちらの広告媒体にも一長一短、それぞれ特徴がありますが、初心者にはなかなかわかりづらいです。
そこで今回は、Facebook広告とリスティング広告の違いに焦点を当て、それぞれの活用法をご紹介します。

Facebook広告とリスティング広告の大きな違い

Facebook広告とリスティング広告の大きな違いは、「ターゲットとなるユーザーの欲求レベル」です。
ターゲットの欲求レベルとは、ある情報に対してどれだけ知りたいと思っているかの度合いです。
たとえばリスティング広告の場合、ユーザーが自ら入力した「キーワード」によって広告が掲出されます。
特定のキーワードはユーザー自らが選んで打ち込んでいるわけですから、ユーザーの知りたい欲求レベルで言えば高いんですね。
一方でフェイスブックの場合、広告の種類が豊富ですが、基本的にはタイムラインに無造作に表示されるか、年齢や性別、住んでいる地域、趣味や関心といった登録されている属性情報に対して「こいつこういうのに興味がありそうだな」という感じで、それらの情報に関連した広告が表示されます。
つまりフェイスブックの広告は検索行為という能動的な行動挟まず、自動的でてくるわけなので、情報に対する欲求レベルとしては低いものとなります。
これが大きな違いです。

それぞれの流入ユーザーの違い

先ほど見てきましたように、リスティング広告から流入するユーザーは、検索エンジンでキーワードを入力した人です。それゆえすでに購入意欲の高い「今すぐ客」が比較的多くなります。
これに対してFacebook広告では、広告は各ユーザーのタイムラインに流れてきます。
そもそもFacebookを見ているユーザーは、何かおもしろいことないかな~?くらいのレベルでしかページを見ておらず、そこに広告が表示されたとしても強い目的意識を持って広告をクリックするわけではありません。たとえ広告をクリックしたとしても購入意欲の低い「そのうち客」がほとんどです。
つまり、リスティング広告とフェイスブック広告とでは、ユーザーのモチベーションがまったくの真逆といってもいいでしょう。

それではリスティング広告とFacebook広告それぞれの特長を簡単に振り返ってみましょう。

リスティング広告とフェイスブック広告の特長

リスティング広告もフェイスブック広告も少額から試せる点、予算設定が1日単位で調整できる点、すぐに始められる点、すぐにやめられる点、レポートデータの閲覧が出来る点など、ネット広告ならではの共通した利点があります。

そのほか、それぞれの利点として

リスティング広告の特長

  • 購入モチベーションの高いユーザーに配信できる
  • キーワード単位で広告の掲出コントロールが効く
  • クリックされた時に広告費が課金

Facebook広告の特長

  • 広告の種類が多い
  • 課金方式がクリック課金、インプレッション課金など選べる
  • イベント告知やクーポンの配布に有利
  • アクセス増加、アプリインストール、動画再生回数などの数値目的達成に有利
  • ターゲティングが細かく設定できる
  • 他のユーザーとの繋がりを広告で活用できる
(○○さんがXX(広告)にいいね!と言っています)

どういった商材で両方の媒体を使い分けていくか

これまで見てきましたように、リスティング広告とFacebookを使った集客とでは、リーチできるユーザーのモチベーションが異なることがご理解いただけたと思います。
これらの媒体を使い分け、上手に広告を運用していくために以下のポイント押さえておきましょう。

BtoCサービスでの認知度アップはFacebook広告

「そのうち客」のリーチにもってこいのFacebook広告なので、ある商品やサービスを提供する際に、それ自体を認知してもらう際にとても役に立ちます。加えてターゲティングが細かく設定できるので、特定の年代や趣味を持つ人たちをターゲットに、集中して広告を掲出していくとさらに効果的です。
動画広告も利用でき簡単に作れますので、認知段階のユーザーに印象深いプロモーションが展開できるでしょう。

今すぐ客の獲得はリスティング広告

購入目的のあるユーザーを効果に刈り取っていくのに、リスティング広告はうってつけです。ライバルの動向でキーワードを調整したり、自社の営業時間や、ニーズなどを考慮しながら配信時間などを調整したりして、より効率的にコンバージョンを獲得していきましょう。

まとめ

このように、リスティング広告とFacebook広告の理解を深め、ユーザーの心理(欲求レベル)を理解して広告を使い分けていくと効果的な広告運用が出来るはずです。
  • このページを共有する