Web制作・ホームページ制作 HOME > 社長コラム あなたの質問に答えます > 2013年3月 今月の質問

2013年3月 今月の質問

社長コラム

  • バックナンバー

ウェブラボ代表の山浦がお客様から頂いた質問に答えるコーナーです。毎月ひとつのテーマを取り上げ、分かりやすくご説明します。 Webサイト制作について・サイトの運営についてなどなど、皆様からのご質問をお待ちしております。

社長コラム あなたの質問に答えます
3月の
テーマ
スマートフォンでのアクセス率が急上昇しているということをよく聞きますが、一般的にスマートフォンでのアクセス率はどの程度のなのでしょうか?
そして、何%ぐらいあったら、スマートフォン最適化をするべきでしょうか?

スマートフォンのアクセス率は、扱っているサービスや広告展開の有無などによって異なります。一般的な数値というものがあまり出回っていないので、当社のクライアントのサイトを100サイト程度調べてみました。調査母数が少ないので、あくまで目安ということで、自社のアクセスログを見る際の参考にしてください。

 

まず、Webサイトのターゲットが「B2C」か「B2B」かで分けて数値を出してみました。

結果、スマートフォンのアクセス率の平均値は以下の通りになりました。

 

B2CB2B
29.3% 14.8%

 

B2Cは幅が広く、下は12.5%、上は55.5%でした。

特にECサイトを中心に50%を超えるものがいくつか見受けられました。

スクール・通信教育が30〜41%、飲食やホテル・整体などの店舗系ビジネスも22〜42%と高めでした。

 

B2Bの方は、20%を超えるものもありましたが、10〜15%前後のものが多かったです。

ビジネス向けの製造業などではほとんどが5%前後でした。

逆にB2Bの中でも士業や人材業等のサービス業は30%近いものもいくつか見受けられました。

 

google analyticsで、スマートフォンのアクセス率を調べるには、下記の手順で確認できます。

(1)「ブラウザとOS」画面の(2)「オペレーティングシステム」を選択し、iOSとAndroidの訪問数を確認する。
(iOS+Androidの訪問数)÷全体の訪問数×100=スマートフォンのアクセス率

何%を超えたらスマートフォン最適化をするべきかという質問に対して、明確に何%とは言えません。

一応、スマートフォンでもPC用のWebサイトは閲覧できます。

もし、スマートフォンでのアクセス率が50%を超えているのであれば、PCと同等に力を入れる必要があるという意見に異論はないと思いますが、20%程度の場合、どうするか迷うかもしれません。

 

先日Yahoo!からいただいた資料では、スマートフォン最適化を実施した企業の65%以上で、Webサイト上でのコンバージョン(購入や資料請求)や、ユーザーの滞在時間が増えたといった成果が出ているとありました(転載不可なので掲載できず申し訳ありません)。

今後、スマートフォン最適化されたWebサイトが増えれば増えるほど、この傾向は強くなっていくと思います。

 

競合他社が対応済だったり、スマートフォンユーザーに対してもリスティング広告などを展開する予定があるなど、状況に応じてスマートフォン最適化を検討してみてください。

中小企業のための11日間Web講座 無料
社長ブログ
スタッフブログ
中小企業のための11日間Web講座 無料

ウェブラボ運営のFacebookはこちら
Webサイトの運用や制作に関するニュースをピックアップしてお届けしています。

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384受付時間:平日10:00〜18:00

今すぐ相談する

今すぐ相談する