MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > 値引き依頼は良い兆候!?

値引き依頼は良い兆候!?

by 山浦 仁 / 2016.06.23

  1. マネジメント
  2. 仕事術

あなたは、普段「値引き」をしますか?


「値引き」を持ち出されたとき、嫌な気持ちになったりしませんか?



■「値引きなんて絶対にやるな!」というコンサルタント多いですよね。


業種によってはやるべきじゃないものもあると思いますが、私は全否定しません。


特に弊社のように、案件毎に見積金額が変わるような業種は、「値引き」を1つの交渉カードとして持っていても良いと思っています。



■なぜ全否定しないかと言うと、

お客さんは、全く買う気が無かったら「もう少し値引きできませんか?」なんて言ってこないからです。


これは地域差がありますが、少なくとも関東の人は、値引きを切り出すことは恥ずかしい、できればしたくない、という気持ちが多少なりともあります。


つまり、お客さんが

「あなたから買いたいけど、財布の中にこれしか無いんです」

と、恥をしのいで財布を広げて見せてくれている状態です。


すごく購入可能性の高いお客さんです。


だったら、お客さんが買える方法を一緒に考えてあげたくないですか?



■但し、理由無き値引きは当社では厳禁にしています。


「この会社は、言えば値引きしてくれる会社だ」

と思われるのが嫌だからです。


一度、そういう関係になってしまったらそれがずっと続きます。


だから、値引きをする場合は、必ず理由を付けるようにしています。


例えば、当社がやらなければならない作業の中の一部をお客さんに作業してもらったり、次回の発注を一緒に決めてもらって、ボリュームディスカウントを行う等です。


もちろん、このような値引き交渉が決裂するときもあります。


その時は“しょうがない”と思うようにしています。



■もしお客さんが「値引き」をお願いしてきた嫌な気分になるようなら、

「あっ、このお客さんは買いたいんだ。
 真剣に検討しているんだ」

と思ってあげてみてください。


そこで諦めずに一緒に問題解決できたら、御社にとって、良いお客さんになってくれるかもしれません。



追伸>
「値引き」に対する顧客心理には地域差がかなりありますのでご注意を。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する