採用サイトで効果的な社員インタビュー記事を作成するポイント

採用サイトで効果的な社員インタビュー記事を作成するポイント社員インタビュー記事は、エピソードを通して自社の魅力を伝えることができるなどメリットが大きいです。逆に、社員インタビュー記事のない採用サイトでは、求職者が求める情報を正確に伝えることができません。

 

今回は採用サイトの社員インタビュー記事について、役割や作り方のポイントを紹介します。

 

社員インタビューの役割

採用サイトの社員インタビューには、次のような役割があります。

 

  • 入社後のイメージが膨らむ
  • どんな人が働いているのか知ることができる
  • 会社の雰囲気を知ることができる
  • 将来のキャリアを思い描くことができる
  • エピソードを伝えることで共感をとれる

 

上記のように、応募しようか迷っている求職者に対して、「どんな会社か分からない」という不安を解消することができます。

 

社員インタビューのコンテンツを作るポイント

実際に、どのように社員インタビューを作ると、効果的なのかコンテンツ作りのポイントをご説明します。

 

【ポイント1】全体の流れを意識する

まずは、「誰に何を伝えてどう行動してもらいたいか」、伝えたい内容から逆算してインタビューを行うことが大切です。特に、何を最優先で伝えるべきなのか、掲載目的を考えましょう。

 

・機械稼働に計算が必要なので数学が得意な人が欲しい

・新作アイデアが求められる職場なので、既存の概念にとらわれない人が欲しい

・人を大切にする職場なので、家族のようなあたたかさを大切にできる人が欲しい

 

上記のように、求職者の能力や職場の雰囲気など、何を大切にするかで社員インタビュー記事の詳細は変わってきます。そのため、事前に全体の流れを意識しながら作業に着手しましょう。

 

【ポイント2】写真を効果的に見せる

社員の写真・オフィスの写真など、入社後の自分をイメージできるような写真があると非常に効果的です。たとえば、パソコン操作の様子がわかる写真があれば、「将来、この会社でこんなふうに働くのか」とイメージしやすいかと思います。

 

写真は、文章よりも非常にインパクトのあるコンテンツですので、見せ方を工夫しましょう。

 

【ポイント3】求職者が知りたい情報に合わせてインタビュー社員を選定する

社歴や職種、新卒入社か中途入社かなど、ポジションによってコンテンツも変わってくるでしょう。そのため、求職者のニーズを踏まえてインタビュー社員を選定します。

 

採用サイトで社員インタビュー記事を作成する目的は、「自社で働く社員の姿に少しでも興味や共感をしめしてもらって、ぜひ話をきいてみたい!働いてみたい!」と思ってもらうことです。

 

そのため、応募対象が経験者であるのなら、中途採用で採用が決まった経験豊富な技術者がインタビューの対象者にふさわしいでしょう。一方で、新卒の採用に力を入れていきたいのであれば、直近で採用が決まった方に、インタビューすると良いでしょう。

 

社員インタビュー記事作成の注意点

社員インタビュー記事を作成するにあたって、注意すべきことをご説明します。

 

事実を隠していないか

多くの求職者を集めたいからといって事実と異なる情報を掲載してはいけません。たとえば、残業が多くある仕事場であるにもかかわらず、「ほとんどの場合、定時で帰れます」と伝えると、残業の多い実態にがっかりしてしまうでしょう。

 

これでは、採用が決まっても時間の経過とともに離職してしまいます。残業があるのなら、「残業が多いですが、みんなで頑張っています!」と正直に伝えたほうが、離職率を下げることができます。

 

具体的なメッセージは、あるか

求職者は、社員インタビュー記事から具体的なメッセージを見つけようとします。たとえば、「毎日頑張っています」「一般的な仕事と同じです」「頑張ることが大切です」などでは、具体的なメッセージがないため、会社のことがよくわかりません。

 

会社のことを知ってもらいたいのなら、「素晴らしいアイデアを見つけるスピードは、日本一です!という自信のある方に会いたいです」や「計算が大好きで、1日中でも計算することが楽しいと思える方にやってもらいたい仕事です」というメッセージがあれば、会社のことが少しでも伝わりやすいかと思います。

 

運用体制が整っているか

社員インタビュー記事は、定期的に更新していく必要があります。なぜなら、社員の方が退職したり、部署異動したりすることで、経歴等が変わってくるからです。万が一、変更が必要になった場合は、素早く変更できるのか、運用体制についても事前にしっかりと考えておきましょう。

 

まとめ

採用サイトの社員インタビューで大切なのは、共感してもらうことです。しかし、ゼロから考えることは想像以上に難しいでしょう。そのため、同じ業界の社員インタビュー記事を参考にするというのもひとつの手段です。

 

具体的なエピソードを交え、求職者が入社後をイメージできるようなコンテンツを目指し、多くの方に自社に興味をもってもらいましょう。

  • このページを共有する