Webのユニバーサルデザイン「Webアクセシビリティ」(前編)

「アクセシビリティ」というのは、パソコンに不慣れな高齢者も、何らかの障害を持っている人も、誰もがきちんと目的のページにアクセスできるようにすること、またはそういうWebサイトのことを言います。
このブログの読者のほとんどは健常者だと思いますが、我々健常者がインターネットが便利なように、障害を持っている人にとっても、いやむしろ障害があるからこそインターネットは非常に便利なツールであったりします。

さらに言えば、これから日本は“超”が付くほどの高齢化社会に突入します。業種にもよりますが、もう数年のうちには、サイトにアクセスする人の5人に1人は、高齢者というのも現実味を帯びてきました。

政府としても国のIT戦略の重要課題(“e-Japan”とかあったの皆さん覚えてます!?)の1つとして、アクセシビリティの確保ということが言われ、2004年6月には日本工業規格として「WebコンテンツJIS」というものが発行されました。

▼「JIS X8341-3 ウェブコンテンツJIS」

http://www.jsa.or.jp/

「ウェブコンテンツJIS」はご興味があれば、上記のJSAのサイトから購入いただければと思いますが、要は「Webアクセシビリティ」を確保するためのガイドラインです。

こういう時代の要請の中で、まだまだではありますが、地方自治体では少しずつ「ウェブコンテンツJIS」への対応が始まりました。

■静岡県

https://www.pref.shizuoka.jp/a_8341/accesibility/index.html

※この他にも、東京都、愛知県、神奈川県などのホームページでも、アクセシビリティに配慮している旨、サイトに明記しています。

同様の動きは、企業にも見られます。

■日本IBM

http://www-06.ibm.com/jp/accessibility/

■富士通

http://jp.fujitsu.com/accessibility/

■三井住友銀行

http://www.smbc.co.jp/accessibility/index.html

■朝日新聞

http://www.asahi.com/policy/

■中にはNECのように、製品全般におけるユニバーサルデザインをアピールする中で、Webのユニバーサルデザインにも配慮していますよ!、という見せ方をしている企業もあります。

http://www.nec.co.jp/design/ja/ud/index.html

企業がアクセシビリティに取り組む理由は、大きくは次の3つです。

  1. 企業としてユニバーサルデザインに取り組んでいるから、製品だけでなく、当然、サービスの窓口であるWebサイトもユニバーサルデザインであるべきという考えから(製品もWebも両方とも障害を持った人が使う可能性があるということ)。

  2. 最近よく言われる、企業のCSR(Corporate Social Responsibility)、つまり「企業の社会的責任」を果たすため、またそれによるブランドイメージ向上を狙って。
  3. シニア市場を見据えての活動。

では、具体的にどうすればWebアクセシビリティを確保できるのでしょうか?

長くなりますので、続きは次回です。お楽しみに!

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。