今年は何色?PANTONEとJAFCAが選ぶ2020年の「今年の色」

PANTONEとJAFCAが選ぶ2020年の「今年の色」

みなさん、こんにちは。ウェブラボデザイナーチームです。みなさんは去年すでに発表された「今年の色」をご存知でしょうか?今年の色、トレンドカラーとして選ばれたのは、「クラシックブルー」と「ヒューマンレッド」です。ん?2つもあるの?と思った方。実は「今年の色」は様々は団体・企業が決めているものなんです。今回は、去年選定された2色の「今年の色」について紹介していきます。

 

今年の色/トレンドカラーはどう決まる?

今回は特にメジャーな「PANTONE」と「JAFCA(日本流行色協会)」が発表した「今年の色」について紹介していきます。

 

PANTONE「クラシックブルー(Classic Blue)」

世界的な色見本帳ブランドであるPANTONEは、アート、ファッション、美容、エンターテインメント業界、社会経済など、あらゆる領域のトレンドの綿密なリサーチのもとにトレンドカラーを選定しています。

 

クラシックブルー(Classic Blue)

出典:PANTONE 公式サイト

今年選ばれたのはクラシックブルー。夕暮れの空を連想させるクラシックブルーの安心感をもたらす性質が、様々なテクノロジーが競争を続ける社会で安定を求める人々を象徴するとして選定されました。

 

クラシックブルーのカラーコードは以下の通りです。

  • カラーコード:#0F4C81
  • RGB値:15, 76, 129
  • RGBA値:15, 76, 129, 1
  • HSV値:208, 88, 51

 

クラシックブルーの配色例

PANTONE公式サイトには、クラシックブルーを使った5つの様々なカラーパレットとハーモニーがまとめられています。今回はその中から取り入れやすそうな3つをご紹介したいと思います。

 

■PONDER

 

PONDER

出典:PANTONE 公式サイト

クラシックブルーに落ち着いた暖色系の色合いを組み合わせたカラーパレットです。優しい色味のベージュやオレンジが、クラシックブルーの穏やかさや静けさをより一層引き立てる組み合わせです。

 

■SNORKEL

 

SNORKEL

出典:PANTONE 公式サイト

まさにシュノーケルを通して覗いているかのような綺麗な組み合わせですね。熱帯の楽園を彷彿とさせるカラフルな色合いです。はっきりとした色彩だけでなく、クラシックな黒や白も使われているので、参考にしやすいカラーパレットだと思います。

 

■DESERT TWILIGHT

 

DESERT TWILIGHT

出典:PANTONE 公式サイト

深みのあるクラシックブルーにキラキラとした色合いが映える組み合わせです。名前の通り砂漠の夕暮れを思い起こさせるカラーパレットですね。どこかエキゾチックな雰囲気も感じられます。

 

JAFCA「ヒューマンレッド(Human Red)」

一方で、JAFCA(日本流行色協会)は、ファッションなどの特定の分野に向けたものではなく、厳密に言えばその年を象徴する「テーマカラー」として選定しています。ちなみにこの選定は、インターカラー(国際流行色委員会)の情報をもとに、各業界の専門家たちで構成される委員会によるものです。

 

JAFCA「ヒューマンレッド(Human Red)」

出典:JAFCA(日本流行色協会)

JAFCAが2020年に選んだのはヒューマンレッド。デジタル化が進む中、人間らしさに注目し、人ならではの豊かな感情や身体の躍動感を象徴するとして選定されました。

 

ヒューマンレッドのカラーコードは以下の通りです。

  • カラーコード:#e50112
  • RGB値:229, 1, 18
  • RGBA値:229, 0, 18, 1
  • HSV値:4, 100, 90

 

まとめ

2020年の「今年の色」はいかがだったでしょうか?どちらもデジタル化がどんどん進んでいく社会で私たちが生活してるがゆえの選定でしたね。配色に迷ってしまった時は、少し意識してみると今年を象徴するデザインが生まれるかもしれませんよ。興味がある方は去年の「今年の色」について書かれたこの記事も読んでみてはいかがでしょうか。
決定!PANTONEが選ぶ2019年の「今年の色」

  • このページを共有する