日本人が選ぶ「2020年/2021年の色」は何色?

日本人が選ぶ「今年/来年の色」は何色?

みなさん、こんにちは。ウェブラボデザイナーチームです。みなさんは、毎年清水寺で発表される「今年の漢字」や「新語・流行語大賞」のように今年を象徴する「色」も発表されているのをご存知でしょうか。その時代の社会情勢やムードが色濃く反映される「流行色」。今回は、昨年選定された「2020年の色」と「2021年の色」をご紹介していきます。
 

どうやって選ばれるの?

予め選定した15色

出典:JAFCA(日本流行色協会)(https://www.jafca.org/colorcolumn/20201204-002.html)

 
「今年の色」は一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が主催となり、アンケートを実施。予め選定した15色の中から「今年のムードを象徴すると思う色」1色を一般投票によって決定しています。
「来年の色」は、2021年のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、その年の「テーマカラー」として協会独自の基準で選定されています。
 
毎年注目されている、世界有数の色見本帳メーカーとして知られるPANTONEが選定する「今年の色(color of the year 2021)」と比較してみると、社会経済など多彩な領域から協会独自の基準で選定しているPANTONEとは異なり、一般投票によって決まっているのが特徴的です。
 

2020年の色はコロナ禍による不安な気持ちを象徴する「グレー」

グレー

出典:JAFCA(日本流行色協会) | 今年の色(https://www.jafca.org/colorcolumn/20201204-002.html)

 
2020年の色として選ばれた色は「グレー」でした。
「先行きが見えない不安な気持ち」「自粛が続き閉塞感があった」「曖昧で曇り空のようにすっきりしない感じ」「状況が目まぐるしく変わり混沌としていた」など、コロナ禍における不安な気持ちを表現した理由が大多数を占める結果となっていました。
2位は、「人の温もり」「人とのつながりの大事さ」などの理由から「ベージュ」。3位は、不安な日々の中、気分転換のためアウトドアで過ごすことが増えたり、ガーデニングを始めたりする人が増え、「植物などの緑に癒された」という理由などから「緑」が選ばれました。
 

2021年の色は、変化を前向きに捉え新しいスタートを切る
「ゼロホワイト」

ゼロホワイト

出典:JAFCA(日本流行色協会)| 来年の色(https://www.jafca.org/colorcolumn/20201204-001.html)

 

2021年の色として選ばれたのは、「ゼロホワイト」でした。
白紙に戻すなど「はじまり」を示す言葉としてよく使用される「白」。
希望を胸に、ゼロから考えるという意味を込めて、「Zero white ゼロホワイト」と名付けられました。
 

  • 色名:ゼロホワイト Zero White
  • マンセル値:N9.5
  • RGB値:245,246,242
  • 系統色名:ホワイト

 

ゼロホワイトと組み合わせたい、アソートカラーとアクセントカラー

ゼロホワイト

出典:JAFCA(日本流行色協会) | 来年の色(https://www.jafca.org/colorcolumn/20201204-001.html)

 
ゼロホワイトと相性の良いアソートカラーとアクセントカラーも同時に公開されています。
アソートカラー(=配合色)は、ベースカラー(=基調色)をアシストし、ベースカラーの印象をさらに強めるような役割があり、アクセントカラー(=強調色)は、全体を引き締め、ユーザーの目を引く役割を持っています。
 

「2021年の色」を使用したWebサイト

ここからは、上記でご紹介したゼロホワイトと一緒に組み合わせたいアソートカラーとアクセントカラーに近い色が使用されているWebサイトをご紹介していきます。

■01:ゼロホワイト×インサイトグレー×ディライトピンク

SISI
SISI 商品紹介ページ

株式会社SISI(https://sisi.tokyo/)

ディライトピンクよりも少しビビットなピンクがアクセントカラーとして使用されています。ベースやアソートカラーはモノクロでシンプルな組み合わせにすることで、商品のパッケージでも使用されているピンク色がより一層映え、華やかでインパクトのある印象を受けます。

■02:ゼロホワイト×フレッシュブルー×バイタルイエロー

ARFIT
ARFIT 詳細ページ

ARFIT(http://arfit.net/)

こちらは、フィットネスを取り入れたリハビリ型デイサービスのWebサイトです。フレッシュブルーよりも明るめの青とイエローの組み合わせになっています。元気で活発な印象を演出するのにぴったりな配色です。

ちなみに…PANTONEが選んだ「2021年の色」は何色?

ちなみに、PANTONEが選ぶ「今年の色(color of the year 2021)」は、
アルティメット・グレイとイルミネイティングの2色でした。
 

PANTONE COLOR OF THE YEAR 2021

出典:PANTONE COLOR OF THE YEAR 2021(https://www.pantone.com/color-of-the-year-2021)

2色選出されるのは2016年ぶり!
永続的な基盤をもたらす強固な信頼を象徴するアルティメットグレイ、生き生きとした輝きを放つ明るく陽気なイルミネイティング。
2色を組み合わせることで、不屈の精神に支えられたボジティブなメッセージを表現するという意味が込められています。
 

まとめ

以上、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が選んだ「2020年の色」「2021年の色」のご紹介でした。2020年は日本だけでなく世界的にも「グレー」な年となってしまいましたが、「ゼロホワイト」のように靄が晴れて、新しく希望のある年になるといいですね。昨年以前の「今年の色」「来年の色」に興味のある方は、ぜひ下記もチェックしてみてください。

今年は何色?PANTONEとJAFCAが選ぶ2020年の「今年の色」
決定!PANTONEが選ぶ2019年の「今年の色」

日本人が選ぶ「2020年/2021年の色」は何色? はコメントを受け付けていません
  • このページを共有する