東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

クリエイターブログ

PANTONEが選んだ今年の色、2022年は新色「Very Peri(ベリーペリ)」

2022.01.25 Posted by

PANTONEが選んだ今年の色、2022年は新色「Very Peri(ベリーペリ)」みなさん、こんにちは。ウェブラボデザイナーチームです。
毎年恒例になっている、パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー。世界的な色見本帳メーカーのPANTONE社がトレンド分析を基に選定する「今年の色」ですが、2022年は新色の「Very Peri(ベリーペリ)」に決定しました。
今回はこの色について解説してまいります。

Very Peri(ベリーペリ)とはどんな色?

Very Periは端的にいうと淡い紫です。紫は赤と青が組み合わさった色を指しますが、Very Periは少し青の分量が多いですね。Webアクセシビリティの観点から見ると、白とのコントラスト比が取りやすい色でもあります。Webサイト上でも使い勝手がよさそうです。

 

d_202201_001

  • PANTONE®:17-3938 Very Peri
  • カラーコード:#6667AB
  • RGB:R102, G103, B171

 

目に優しい鮮やかさで「元気で明るい」よりは「優しく穏やか」な印象ですが、PANTONE社は以下のように表現しています。

 

ブルーの持つ誠実さと不変性、レッドの持つエネルギーと興奮を融合させた、この最も幸せで暖かいブルーの色合いは、元気を与える新しさの素を注入します。

引用元:パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー 2022(https://www.pantone-store.jp/coy2022/index.html)

 

青は一般的に寒色に分類されますが、鮮やかさを抑えて少し赤みを足すことによって冷たい感じが和らぎます。PANTONE社のいう「最も幸せで暖かいブルー」とは言い得て妙ですね。個人的にとてもしっくりきた表現でした。
Very Periと似た色に「Periwinkle Blue(ペリウィンクル・ブルー)」があります。Periwinkleは日本語でいうと「ツルニチニチソウ」で、この植物の花の色が由来とされる紫色です。他にもラベンダーやアジサイなど自然界でもよく見かける紫によく似ています。このあたりも温かみを感じる理由の一つかもしれませんね。

 

そして実はこのVery Periですが、PANTONE社が2022年の色を決定するにあたって新しく作成した色であることが発表されています。これは2000年に始まったパントン・カラー・オブ・ザ・イヤー以来、22年の歴史で初めてのことだそう。2022年はこれまでにない、全く新しい色の風が吹くと予想されているのです。

「Very Peri」色のWebサイト4選

それではここから、Very Periに近い色が使われているWebサイトをご紹介していきます。

メタリックな質感で革新的な技術力を表現

メタリックな質感で革新的な技術力を表現

Metz – 鉄鋼×技術×環境|株式会社メッツコーポレーション(https://reikyakuzai.metz.co.jp/)

Very Periに似た紫色のロボットが登場します。
単色でみると穏やかに感じられるVery Periですが、メタリックな質感を持たせることでガラッと雰囲気が変わりました。重厚的な昔ながらのロボットというよりは革新的で軽やかなイメージを与えます。

水色とのグラデーションで清潔感と優しさをアピール

水色とのグラデーションで清潔感と優しさをアピール

あいはら歯科医院|甲子園のかかりつけ医 | 兵庫県西宮市(https://aihara-dental.jp/)

水色と紫のグラデーションが特徴的なサイトです。紫はVery Periと比較するとこちらのほうが明るいですが、トーンがよく似ています。
日本においては、紫に対して医院やクリニックのイメージはあまりないかもしれません。しかし青みがかっている紫であるVery Peri、水色、白の組み合わせは相性バッチリ!歯科医院の清潔なイメージがよく伝わります。
さらにVery Periは赤も混じった「暖かいブルー」です。グラデーションのぼわっとした感じも相まって、なんだか優しそうな雰囲気ですね。歯医者嫌いの方の心も和らぐのではないでしょうか…。

ナチュラルな色と組み合わせて穏やかな雰囲気に

ナチュラルな色と組み合わせて穏やかな雰囲気に

56k(http://56k.studiovoila.com/)

紫色がイラスト内のアクセントに使用されています。
「紫」と言われると他の色との組み合わせが難しそうなイメージを持つかもしれませんが、自然界でも見られるVery Periは優しい色味との親和性が高いんですよ。
他にイラスト内で使用されているのは、淡い水色、落ち着いたオレンジ、緑がかったグレー、紺色など。影の役割も担っている紺色は除きますが、他はどれも鮮やかさが少し抑えられており、個性的な色も悪目立ちすることなくきれいにまとまっています。

鮮やかな色と組み合わせて力強さを表現

鮮やかな色と組み合わせて力強さを表現

Action500(https://action500.com/en/)

紫とコーラルオレンジを組み合わせたインパクトの強い配色のサイトです。紫はVery Periと比較するとこちらのほうが少し暗いですが、トーンが似ています。
Very Periは鮮やかなコーラルオレンジと組み合わせると、楽しげで元気なイメージに変わります。このサイトではさらにパンチのある欧文フォントを使用してぐっとスポーティーに寄せています。

まとめ

以上、パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2022に選ばれた「Very Peri(ベリーペリ)」の紹介でした。
近年特に注目されている分野に、NFTやメタバースといった仮想的なデジタル世界と現実の物理世界を結びつける技術が挙げられます。新しい物好きとしてはワクワクが止まりません。新色Very Periに予想される通り、何かが新しくなる2022年、なのかもしれませんね…!

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278