東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

文章のデザイン

2022.06.25

よくWebサイトは、ダイレクトメールやカタログ・パンフレットといった紙媒体と比較されます。
そこで、あなたに質問です。
目の前に、そこそこのボリュームの文章があったとします。その文章がダイレクトメールとWebサイトの両方で目の前に差し出されました。 どちらか選んで読めと言われたら、あなたはどちらを読みますか?





私は、迷わずダイレクトメールです。
理由は、紙媒体の方が全体を一覧できるし自分に必要な、読みたい場所のピックアップが簡単だからです。

 

例えば、大きさA3の裏表カラーのちらしがあったとします。これをWebサイトにすると、恐らくページ数で4〜8頁ぐらいになります。A3のチラシであれば、裏表をひっくり返せば(その間3秒ぐらい)、すぐに一覧できます。

 

しかし、Webサイトは・・・

  • 数回クリックをしなければいけない
  • 表示されるまで少し待たなければいけない
  • モニタの画面よりもはみ出せない。だから、少しでも長い文章は、スクロールしなければいけない
  • 眼が疲れる

Webサイトのページを読むということは、気づかぬうちにかなりのストレスを感じているものです。

 

私はWebデザインにおいて「文章デザイン」には特に気を配っています。文章デザインというのは、文章の内容の良し悪しではなく(それも大事ですけど)、その名の通りで、文章を読みやすくするための“文章のデザイン”です。どんな名文も、読んでもらえなければ意味がありません。

 

文章デザインと言っても、デザインセンスなども必要ありません。 知ってるか知らないか、気づくか気づかないかだけです。 大切なことは次の3つだけ!

 

1.まめに見出しを付ける

よく、「Webサイトの文章は、読まれていない。見られている」と言われます。ネットユーザーは基本的に“流し読み”ユーザーなのです。
そういう流し読みユーザーにとって、見出しというのは、釣り針みたいなもの。見出しが無くなると、文章がのっぺりした感じになり、眼に引っかかってきません。
SEO的にも見出しは重要です。見出しを入れて、きちんと見出しタグでコーディングしましょう。

 

2.文字の大きさと行間を調整する

印刷デザインの世界では、「全角アキ」「二分アキ」「四分アキ」という言葉があります。「二分アキ」というのは、全角に対して2分の1の行間、「四分アキ」というのは4分の1の行間です。
試しに、新聞や雑誌など、身の回りの印刷物をチェックしてみてください。新聞は「二部アキ」でしょうか。あんなに文章が多い新聞が見やすい理由の1つには、この行間の設定があります。
Webサイトもスタイルシートを使えば綺麗に調節できます。

 

3.見出し・強調・箇条書きなど、装飾にメリハリを付ける。

文字のプライオリティに応じて、文字の大きさを変えたり、キーワードは強調タグで囲ったり、色を変えたり、箇条書きで要点をまとめたりします。
ちなみに、文字の装飾にアンダーラインは使わないことをおススメします。インターネットでは、アンダーラインはリンクを意味するからです(逆にリンクだと分からしめるには、アンダーラインにする)。

 

*   *   *  

 

とかくホームページの文章は長くなりがちです。 こんな些細なことに気を配るだけで、文書を読んでくれる人が、数%は増えてくれるのです。やらない手はありません。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278