東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

今月初旬に実施されたGoogleコアアップデートと対策

2020.05.18

今月初旬に実施されたGoogleコアアップデートと対策

今月(2020年5月)の1週目にGoogleの検索エンジンで大規模なアップデートがありました。Googleによると、主に検索キーワードとコンテンツの関連性についてのアップデートとのことです。

もし御社も影響を受けたのであれば、こういうときはまずは冷静になあることが大事です。大きなアップデートの後は、しばらくは乱高下があります。

だから、落ちたからといって、慌ててやみくもに手を入れたりしないことです。
実際に、当社も昨夏のアップデートの際、一旦ガタッと下がってから、通常のブログ更新以外、何も変更をしていないのに、また順位が戻ったという経験があります。
ただし、アップデートからおよそ2週間が経つので、もし下がったままなのであれば、そろそろ分析し、手を打っていきたい頃です。

■今回のアップデートは、いろんなジャンルで広範に変動がありましたが、調べてみると、コロナ禍の影響もあったのか、特にE-A-Tが重要なYMYLに関するキーワードにおいて変動が大きかったようです。
E-A-TとYMYLは、このメルマガでも何度か登場していますが、おさらいしておくと、、、

E-A-Tは、
Expertise(専門性)
Authoritativeness (権威性)
TrustWorthiness (信頼性)

の頭文字をとったものです。

YMYLは“Your Money or Your Life”の頭文字をとったもので、医療や健康、美容、金融など、人の命や人生に関わるジャンルのことです。

■E-A-Tに関しては、YMYL以外のジャンルでも重視されてきています。
今回のアップデートでも影響があったと思われます。

E-A-Tの評価を高めていくためには、検索キーワードについて、深く掘り下げてコンテンツを作っていくこと、そのテーマについて、普段から情報発信していくことが大事です。
狙っているキーワードで、今現状、上位に出ているページはどんなページ・Webサイトでしょうか?

キーワードによっては、まとめサイトが多く表示されるようになったとか、傾向があります。どんな傾向があるか、上位に表示されているページ・Webサイトをよく観察してみましょう。

  • どんな文章の流れ?
  • おおよその文字数は?
  • どんな画像を使っている?
  • 著者はどんな人?
  • どのぐらいの頻度で更新されている?
  • 関連するページはどのぐらいある?
  • ユーザビリティは?(特にスマホ) etc

観察することで、どんなコンテンツをGoogleが評価しているのかが段々わかってくるはずです。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278