東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

SEO対策の2つの方向性

2019.03.19

SEOに関して、先週に少し大きめの順位変動があったみたいですね。

 

ネガティブな理由のあるページを下げたというよりは、よりユーザーの検索意図に沿ったページを上げるためのアップデートだったと言われています。

 

■さて、SEO対策には、大きく分けて次のような2つの方向性があります。

 

  1. 今Webサイトにあるコンテンツから、ふさわしい目標キーワードを設定して、チューニングしていく方法
  2. 目標キーワードを設定して、その目標キーワードにふさわしいコンテンツを作っていく方法

 

どちらが簡単で即効性があるかと言えば1です。
最近は、オウンドメディアを作って、コンテンツSEOをやるのが流行っているので、2をやりたがる人が多いですが、もちろんOKなのですが、それに手を出すのは1が終わってからで良いのでは?と思います。

 

既にWebサイトがあって、少しでもアクセスがあるなら、ニッチなスモールワードかもしれないけど、上位表示できている可能性ありますよね。
もしそうなら、そのページをさらに上位に表示させるだけで、簡単に月の反響数を2〜3倍にできるかもしれません。
それは新規のキーワードを狙うより、はるかに簡単です。

 

また、スモールワールドだったとしてもGoogleがそのキーワードで上位に出しているということは、そのテーマに関連するWebサイトだと認識している訳ですし、周辺キーワードでも上位に出せる可能性があります。

 

■隣の芝生は青く見えるし、競合が他のキーワードで上手く言っているように見えると焦るものです。

 

ですが、まずは自社のWebサイトのどのページがどのキーワードで上位表示できているのか、しっかり把握しましょう。
今はGoogle Search Console(もしくはそれと連携したGoogle Analytics)を見れば、それが分かります。

そうすれば、自ずと優先順位が見えてくるはずです。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278