東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

SEOには“量”で競合に負けないことが大事

2015.12.08

以前のコラムでSEOについて話しました。
その際に、上位表示を実現するにはWebサイトのコンテンツを質・量ともに充実させなければならないと言いました。
今日は、その“量”についてお話します。

量というのは、コンテンツのボリュームです。
具体的には、ページ数や文章の文字数になります。

SEOは相対評価の世界です。

この“量”に関して言えば、同じキーワードを狙っている競合他社よりも圧倒的に多ければ、上位表示の可能性が高まりますが、少なければ、どんなにデザインや文章が良くてもなかなか上位表示できません。

競合他社のページ数は簡単に調べられます。簡単な方法を2つ紹介しておきます。

(1)site:

Yahoo!やGoogleの検索ボックスに「site:そのサイトのURL」と入力します。
例えば、当社の場合
site:www.weblab.co.jp
とgoogleの検索ボックスに入力すると、12月7日現在、1110件と表示されます。この数字が、現在googleが認識しているこのWebサイトのページ数となります。

(2)SEO Tools

http://www.seotools.jp/
URLを入力して、解析ボタンをクリックするだけで、簡単に調べられます。「Google でのインデックス数」と書かれている項目がそれです。

この調査をすると、現実が見えてきます。

今や、数百ページ程度のWebサイトは当たり前です。
人気キーワードでは、数千・数万というページ数のサイトがザラにあります。

また、文章量も闇雲に多ければ良いのではなく、オリジナルな文章でなければなりません。
他のページと被っている文章は「重複コンテンツ」と言って減点評価になります。

狙っているキーワードで上位表示されている競合サイトのページ数を一覧にしてみてください。
そうすると、現在の自社の状況が分かってきます。

分かることが重要です。そこがスタート地点です。
あとは、毎日1ページずつ増やしていけば1年後に追いつけるとか、計画を立てていけば良いのです。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278