サイト設計に役立つ「コンセプトダイアグラム」

サイト設計に役立つ「コンセプトダイアグラム」

はじめに

「コンセプトダイアグラム」という言葉をご存じでしょうか。

「Webサイトの設計に役立つ概念として、注目されています。すでに言葉自体は耳にしたことがある、という人の中にも実は概念がよくわからなかったり、どういうときに使えるのか知りたいという方もいるでしょう。
本記事では、コンセプトダイアグラムについてご紹介します。

Webサイト運営に欠かせない、アクセス解析

今や多くのWebサイトの運営に取り入れられるようになったアクセス解析。

ユーザーの動向を知ることでWebサイトへのフィードバックを得て、そのデータを元にサイト設計を見直すことは有効な手段として知られています。

ですが、実際にアクセス解析を行った場合に、悩まれる方が多いようです。というのもアクセス解析から得られるデータの種類・量が膨大なのです。
「アクセス解析から得られたアクセスデータをもとに、PDCAサイクルを回して、webサイトからの収益をあげたい!でも、効果的にサイト設計に役立てるためには、一体どのデータを使ったら良いのかわからない…。」そんな問題が起こりやすいのが、アクセス解析なのです。

弊社のお客様でも、「Googleアナリティクスは設置してありますか?」と質問すると、「一応webサイトの中に埋め込んではあるんだけど…。管理画面を見ても、どこを見て、どの数値を気にすればいいのかわからないんだよね…。どこを見たらいいか教えて!」というお声をいただくことが多いです。

たしかに、管理画面にログインするとたくさんの画面があるし、数字もいっぱい…
アクセスデータをサイト改善に生かすためには、まず膨大なデータの中から重要な数値を抜き出して、情報を整理する必要があります。

データ整理に役立つコンセプトダイアグラム

アクセス解析のデータ種類の多さに戸惑ったとき、情報の整理に有効なのがコンセプトダイアグラムです。コンセプトダイアグラムとは、その名前の通り、Webサイトのコンセプトを可視化するためのダイアグラムのことをいいます。

もっと言えば、サイトの全体像を可視化するために、どんなユーザーがどんな経路でサイトに訪れ、サイト上の目的を達成するためにどのようなコンテンツや機能が使われているのかを整理した図のことです。

コンセプトダイアグラムをサイト設計に導入すれば、Webサイト全体を可視化し、課題がどこにあるのかを見つけやすくなります。

UXを視覚的な表現を用いて表すのに有効なカスタマージャーニーマップ

また、webサイトを改善、リニューアル、あるいは新たに作成する際、ターゲットや目的を明確にし、ターゲットの行動すなわちユーザーエクスペリエンス(ユーザー・顧客行動のこと、以下UX)を想定する必要があります。

このUXを視覚的に整理するために役立つフレームワークとして、カスタマージャーニーマップがあります。あまり耳馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんね。

簡単にいえば顧客行動を旅になぞらえ追っていくことで、時系列に整理したマップのようなものをカスタマージャーニーマップと言います。

カスタマージャーニーマップを用いることで、ペルソナ構築だけではできなかった、「時系列における動的なユーザーエクスペリエンス」を可視化することができます。

コンセプトダイアグラムとカスタマージャーニーマップは違う!

両者の概念をご説明したように、これらは異なります。
コンセプトダイアグラムはWebサイトのコンセプトを整理した図のことです。どこにWebサイトのコンセプト・課題があり、そこに対してアクセスはどう変化しているのか。そういったアクセス解析に有効なツールです。

一方のカスタマージャーニーマップは、ユーザーエクスペリエンスに着目しています。ユーザーがどういった行動をとるのか、時系列で簡潔にまとめた図のことです。

両方ともWebサイトの運営には役立つツールですが、混同して複雑に考えてしまうとかえって使いづらくなってしまいます。しっかりとポイントを押さえて、使い分けすることが大切でしょう。

まとめ

いかがでしたか。ユーザー視点でWebサイトを捉えることは非常に重要です。コンセプトダイアグラムを上手に活用し、目的に沿ったwebサイト設計を心がけましょう。

  • このページを共有する