ターゲット1人1人に合わせた広告配信
ダイナミックリターゲティング広告とは?

ターゲット1人1人に合わせた広告配信 ダイナミックリターゲティング広告とは?

はじめに

ダイナミックリターゲティング広告や、動的リマーケティング広告という言葉を耳にしたことはありますか?マーケティング関係のお仕事に就かれている方、マーケティングに詳しい方ならご存じかもしれませんね。

どちらもカタカナでイメージしにくいため、どこに違いがあるのか、はたまたどのような概念なのか、あまりよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ダイナミックリターゲティング広告と動的リマーケティングとの違いや概要についてご説明したいと思います。

リターゲティングとリマーケティング

最初に、リターゲティングとリマーケティング、これら二つの概念について明確にしておきましょう。リターゲティングとは、検索サイトやバナー広告から訪れたユーザーのその後の行動を追跡し、再び表示させる広告の一つです。

一方のリマーケティングは、Google Adwordsによれば” ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーに広告を表示できる機能です。このようなユーザーが Google ディスプレイ ネットワークの他のウェブサイトにアクセスしているときに広告を表示できます。” と書かれています。

基本的な概念として、リターゲティングとリマーケティングに違いはありません。
リマーケティングはGoogle独自の呼び方となっているだけであって、両者は同じであると考えることができます。

ダイナミックリターゲティング広告・動的リマーケティング広告とは?

ダイナミックリターゲティング広告と動的リマーケティング広告は、どちらもユーザーひとりひとりに合わせた広告配信が可能です。ダイナミックリターゲティング広告は、リターゲティング広告にブラウザを活用することで、従来のリターゲティング広告よりも精度の高いマーケティングが可能となります。

すなわち、よりユーザー一人一人の潜在的なニーズをくみ取った広告表示がされるわけです。ユーザーにとってみれば、気づかないうちに自分のニーズを察知した広告が表示されており、違和感をほとんど感じないでしょう。

では次に、動的リマーケティング広告に注目しましょう。

動的リマーケティング広告は、その名の通り「動的」に「リマーケティング」ができる広告です。動的とは、すなわち、ユーザーのWeb閲覧履歴に合わせて行える、ということを意味します。従来のリマーケティングを一歩進め、ユーザーが過去に閲覧した商品やサービスを含んだ広告表示がされるようになります。ユーザーごとにカスタマイズされたメッセージが使用され、過去の訪問者を呼び戻し、販売につなげます。

つまり動的マーケティングでもダイナミックリターゲティング広告と同様、ユーザーの志向に合わせた広告表示がされるのです。結論を言えば、両者に大きな違いはありません。概念として上述のことを押さえておけば、マーケティングの参考にもなるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。リマーケティング広告とリターゲティング広告、そしてそれらを発展させたダイナミックリターゲティング広告と動的リマーケティング広告についてご説明しました。

どちらも今後の企業のマーケティング手法としては、注目度を高めていくことは間違いないでしょう。ポイントをしっかり押さえて、活用していけるといいですね。

  • このページを共有する