東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

ページの滞在時間を計測する際の注意点

2021.09.12

大学時代の友人のA君から、
「かなり気合を入れてランディングページを作ったのに、Googleアナリティクスを見ても、閲覧時間が全然伸びない!いろいろと写真を追加したりコピーを修正したりしているけど、改善されない、どうしたら良いか?」
と相談されました。

 

あなただったら、これにどう答えますか?
真剣に改善案を回答しますか?
それとも自分で考えろと突き放しますか?

 

山浦の答えは、、、





「それはしょうがない」です。

 

 

■こういう場合は、突き放すべきだとかそういう話ではありません。
技術的にしょうがない話なのです。

 

Googleアナリティクスに限らず、一般的なアクセス解析プログラムがそもそもどのようにページの閲覧時間を計測しているかを理解すれば納得できるはずです。

 

 

■例えば、ユーザーがページAを見た後にページBに行ったとすると、Googleアナリティクスは、ページBに着いた時間からページAに着いた時間を差し引いて滞在時間とします。
だから、もしページBが外部サイトだった場合は計測できないんです。

 

例えば、ユーザーが次のように行動したとします。

 

 ページAに10秒滞在
  ↓
 ページBに25秒滞在
  ↓
 ページCに15秒滞在
  ↓
(外部サイトへ離脱)

 

 

このサイトにユーザーが滞在した時間は、実際は10秒+25秒+15秒=計50秒ですよね。
でも、Googleアナリティクスには35秒と記録されてしまうんです。

 

なぜなら、Googleアナリティクスは、ページBにアクセスした時間からページAにアクセスした時間を引いて滞在時間を算出しています。だから、このユーザーが外部のページへと、いつ離脱したのか分からない(つまり、外部ページにアクセスした時間がわからないから、「外部ページにアクセスした時間 ー ページCにアクセスした時間」の計算ができない)ので、ページCの滞在時間が0秒となってしまうためです。

 

 

■ランディングページの場合は、半分以上の人がフォームに辿り着かずに離脱してしまいます。
その場合、離脱してしまった人の滞在時間は、実際には3秒いた人も、10分いた人も、等しく“0秒”と記録されてしまうのです。
ですから、滞在時間が伸びないんです。

 

フォームに進んだ人だけの滞在時間を抽出するとかはできますが、それはあくまでフォームに進んだ人の滞在時間であって、そのページの平均滞在時間ではありません。

 

 

■結局、ランディングページの場合は、滞在時間をKPIにするのはふさわしくないのです。

 

今だったら、Googleアナリティクスではなく、少し費用はかかりますが、ヒートマップのアクセス解析プログラム等を使った方が、ランディングページ改善に役立つ情報が得られます。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278