東京都新宿区のWeb制作会社 ウェブラボ株式会社

ウェブラボ代表の山浦が、
Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のための
Webサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

成約しなかったお客さんへの4つのフォロー方法

2017.09.25

質問一度、Webサイトから問い合わせをしてくれたにも関わらず、成約しなかったお客さんに対して、再営業など、適切なフォローの方法としてはどのようなものがありますでしょうか?

 

 

フォローの方法は、ソフトタッチのものとハードタッチのものがあります。
それらを上手く組み合わせると良いです。

 

以下、ソフトタッチのものからハードタッチのものまで4つ挙げました。ソフトタッチのものから順に紹介しますね。

 

 

■まず最もソフトタッチな方法としてはリマーケティングがあります。

 

リマーケティングとは、事前にWebサイトにタグを仕込んでおき、そのWebサイトを訪問した人に対して広告で追いかける方法です。

 

例えば、資料請求フォームの完了画面を経由した人だけ、専用の広告を出すということもできます。
ただし、ピンポイントで、特定の◯◯さんだけに特別メッセージを出すということはできません。
あくまで、そのWebページを経由した全ての人に同じ広告が出ます。
リマーケティングは、Google AdWordsだけでなく、Yahoo! や facebooktwitterでもできます。

 

 

■次にソフトタッチのものはメルマガでしょう。

 

一度、問い合わせてくれているということは、恐らくお客さんのメールアドレスを取得できていると思います。

 

リマーケティングとの最大の違いは、お客さんに合わせたメッセージを送れることです。
一度御社と接点を持ったのに、時間が経って気付いたら他社がそのお客さんを持っていってしまっていたということは、よくあることですが、それの最も多い理由はただその時に御社の存在を忘れていたからです。
だから、長期間、次にお客さんの購買意欲が現れてくるまで、緩くつながっていくには、メルマガはとても有効です。

 

 

■次は個別メールです。

 

お客さんの状況に合わせて、お客さんに有益な情報を個別に送ります。
ただ、これをやっていると、ある程度パターンのようなものができてくるので、最近はそれをステップメールにして展開することが多いです。
いわゆるマーケティングオートメーションです。
ステップメールと、定期的に発行するメールマガジンを上手く組み合わせても良いですね。

 

最初の3ヶ月は、ステップメールでお客様の声や割引情報などでクロージングして、それでもダメなら、メールマガジンの方に移行して、長期間、定期的にフォローしていくという感じです。

 

 

■最もハードタッチなものは、電話や訪問などのリアル営業です。

 

ただあまりしつこいと嫌われてしまいますので、タイミングが大事です。
最近、弊社は業務過多なのでやっていませんが、以前は、半年に1回、溜まった失注リストに対して、特別オファーを作り、メールと電話でアプローチしていました。
どのぐらい強いオファーを作るかにもよりますが、一度は検討していたお客さんなので、意外と成約率は高く1.5〜3%ぐらいは成約していました。

 

*   *   *

 

 

どれかだけをやるというよりは、これらを上手く組み合わせて展開する方が効果的です。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

オリエンシートダウンロード

オリエンシートダウンロード

PAGETOP

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームより受け付けております。(受付時間:平日9:30〜18:30)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目33-2
マーキュリースクエア4F

TEL:03-5366-3277 FAX:03-5366-3278