Web制作・ホームページ制作 HOME > 用語集 > 用語集(わ)

用語集(わ)

ワークフロー

ワントゥワン(one to one)マーケティング

ワークフロー

ワークフローとは、業務に関する作業の一連の流れを意味します。また、その一連の流れを図式化したものを指し、図式化には業務効率化や生産性の向上、業務の円滑化などが目的とされています。ワークフローを作成し、分析することで業務の非効率や無駄、改善点を洗い出すことが可能になります。また、ワークフローをチーム内で共有することで、ミスの削減にもつながります。ワークフローは流れ作業を行なう工場のベルトコンベアに例えられることもあります。この場合、工場のそれぞれの工程が個々の担当者が行なう処理に当たり、ワークフローはその間を繋いで製品(データ)を正しく流通させていることになります。 ワークフローの図式をコンピュータに組み入れたものはワークフローシステムと呼ばれ、最近ではグループウェア機能の一つとしてビジネス文書や情報などの流通が容易にできるようになっています。

このページの先頭へ戻る

ワントゥワン(one to one)マーケティング

ワントゥワン(one to one)マーケティングは、顧客一人ひとりのニーズに対して最もふさわしいマーケティングを行い、顧客満足度や販売効率の向上を目指すマーケティング手法を意味します。1993年、マーケティングコンサルタントのドン・ペパーズ氏とマーサ・ロジャーズ氏によって提唱されました。
従来のマス・マーケティングが顧客を「集合体」と捉えるのに対し、ワントゥワンマーケティングは個々の顧客の嗜好やニーズ、購買履歴などに応じて、一人ひとり個別に展開されます。提供する情報や対応を一人ひとりに合わせて変化させることで、顧客はロイヤリティを感じることができ、継続的な商品やサービスの利用につなげることができます。インターネット上でワントゥワンマーケティングを行う場合、一人ひとりの嗜好や興味分野を分析したり登録してもらった上で、必要な情報をデータベースから引き出して顧客に提供する方法が一般的となっています。

このページの先頭へ戻る

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日9:30~18:30

今すぐ相談する