Web制作・ホームページ制作 HOME > 用語集 > 用語集(す)

用語集(す)

スケーラビリティ

スコアリング

ストリーミング

スニペット

スパイダー

スポンサードサーチ

スマートフォン

スモールキーワード

スケーラビリティ

スケーラビリティとは、コンピュータの持つ拡張性を意味し、システムの規模の変化に対応できる柔軟性を指します。スケーラビリティが高いということは、システムの利用者数やデータ処理負荷の増大に応じてシステムを比較的容易に拡張できることを意味します。スケーラリビティは企業の業務システムを構築する際に検討すべき重要な要素になっており、システム拡張の際はサーバーマシンにCPUを複数個搭載することや、分散処理を行うことなどで対応します。多くはシステムの大規模化の際に用いられる概念ですが、システムをより小規模・低スペックな構成に変更する場合にも、スケーラビリティが用いられます。

このページの先頭へ戻る

スコアリング

スコアリングとは、検索エンジンによって評価されるWebページの重要性を意味します。検索エンジンロボットが収集してきたWebページをデータベースに保存する際と、検索エンジンからキーワード検索が行われた際に実施されます。データベースに登録する際のスコアリングは、Webページ内の複数の重要キーワードを抽出し、その重要性情報が他の情報とともにインデックスデータベースに登録されます。検索された際のスコアリングは、データベース登録時に記録したスコアリング情報を活用し、指定された検索キーワードでWebページを評価し、スコアの高い順序でWebページを検索結果に一覧します。

このページの先頭へ戻る

ストリーミング

ストリーミングとは、音声や動画などのマルチメディアファイルを、インターネットなどのネットワーク上に転送し、再生する方法を意味します。通常、音声や動画はデータ量が重くなり、従来はインターネット上からパソコンへダウンロードしてからでないと、ファイルを閲覧することができませんでした。しかしストリーミング技術を使うことによって動画ファイルをダウンロードしながら動画を再生することが可能になったのです。動画のストリーミング配信を行う際は専用のストリーミングサーバが利用されます。ストリーミングサーバを利用することによって、多数のユーザに対して同時にストリーミング方式のファイルを配信することが可能になりました。

このページの先頭へ戻る

スニペット

スニペットとは、検索エンジンで特定のキーワードを入力して検索した際、検索結果のタイトルの下に表示されるテキストを意味します。スニペットを生成する方法は検索エンジンによって違いがありますが、Googleの検索エンジンは「Open Directory Project(ODP)」と呼ぶディレクトリに登録されたサイト説明文からスニペットを自動生成します。Yahoo!は、Webページ内容のほか、Yahoo!カテゴリとODPの登録情報を基にスニペットを生成します。なお、ODPに登録されていないサイトは、Webページ内で検索キーワードに合致する部分を抽出したり、メタタグで次のように説明文を記述する必要があります。<META NAME="DESCRIPTION" CONTENT="説明文(=スニペット)">

このページの先頭へ戻る

スパイダー

スパイダーとは、インターネット上を巡回する検索エンジンのプログラムを指します。GoogleやYahoo!などの全文検索型エンジンの検索に必要なデータベースを作成するプログラムであり、定期的に新しいページや更新されたページの情報をインデックスし、データベースに保存していきます。「ロボット」「ボット」「クローラー」と呼ばれることもあります。ネット上を縦横無尽に歩き回る蜘蛛を例えてスパイダーと呼ばれるようになりました。

このページの先頭へ戻る

スポンサードサーチ

スポンサードサーチとは、Yahoo!JAPAN傘下のオーバーチュアが提供する検索連動型広告です。Yahoo!の検索結果などに、検索したキーワードと関連性の高い広告を掲載します。スポンサードサーチを利用すると、国内人気No.1の検索エンジン、Yahoo!JAPANに検索連動型広告を掲載することができ、たくさんの見込み客に自社の商品やサービスをアピールすることができます。クリックされた際に広告料金が発生するクリック課金型広告であるため、従来のバナー広告に比べ、低資本で高い効果を得ることができます。キーワードごとの1クリック当たりの料金は広告主が入札により決定することができ、入札価格が高ければ高いほど、検索結果画面の上位に広告を表示させることができます。

このページの先頭へ戻る

スマートフォン

スマートフォンとはコンピュータやPDA(携帯情報端末)の機能が搭載された多機能な携帯電話を意味します。通話機能に加え、インターネットに接続してパソコンのWebブラウザを閲覧できる機能や電子メール機能、スケジュール管理、メモ帳などの機能を併せ持つ場合がほとんどとなっております。最近では「アプリケーションを追加して、機能強化やカスタマイズができる」「オフィスソフトなどのハードウェアに依存するネイティブアプリケーションも利用できる」といった機能を備えているものを限定して「スマートフォン」と呼ぶケースが増えています。日本国内の代表的な機種としては、iPhone、Blackberry、Windows MobileOS搭載機、GoogleのAndroidOS搭載機などが挙げられます。

このページの先頭へ戻る

スモールキーワード

スモールキーワードとは、概念の狭いキーワードを指し、また検索エンジンで月間の検索回数が少ないキーワードことを言います。たとえば「カレー」などは多くの人に検索されるメジャーなキーワードですが、「横須賀カレー」など狭義のキーワードはスモールキーワードと呼ばれます。ビッグキーワードは検索回数が多い分、キーワードにコストを投下すれば集客につながりやすくなりますが、コンバージョン率が低く獲得コストが高いというデメリットがあります。スモールキーワードは、個別のキーワードの検索件数はビッグキーワードと比べて少なくなりますが、ビッグキーワードに比べて低コストで、かつニーズの明確なユーザーを集客することができます。

このページの先頭へ戻る

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日9:30~18:30

今すぐ相談する