.htaccess、php、metaタグ 301リダイレクトのそれぞれのメリット・デメリットとは?

redirect

301リダイレクトって何?

と思われる方もいると思うので、まずは301リダイレクトの説明から始めますね。

301リダイレクト

301リダイレクトとは、サイトのリニューアルなどでURLが恒久的に変更される場合に、変更前のURLから変更後のURLへユーザーと検索エンジンを転送する際に使われるステータスコードです。ちなみに302リダイレクトもありますがこれは一時的な転送の際に使われるコードで意味合いが全く違います。

なぜこれ必要なのでしょうか。それはSEO上の効果が目的です。検索エンジンは301リダイレクトによって旧URLが持っていた被リンクなどのサイト評価に関する情報を新しいサイトに引き継ぎます。すべての情報を即時的に引き継ぐとはいきませんがほぼSEO上のダメージを受けずに済みます。せっかく積み上げてきたものをまた一からやり直さなければならないとなったら非常に嫌ですよね。

301リダイレクトの方法

それでどうやって301リダイレクトを行うかといいますと、

301リダイレクトの代表的な方法は3つあります。
  1. .htaccess
  2. php
  3. meta refreshタグ

ではそれぞれの方法を紹介していきましょう。

1. .htaccess

エイチティーアクセスと読みます。「Apache」が使われているウェブサーバーにおける挙動をディレクトリごとにアクセス制限やパスワード表示の要求などを行うことのできるファイルです。その中に、301リダイレクトの設定もあります。

<.htaccessのメリット>

  • SEO的なメリットがある
    「サイトが移転した」という情報を正しく検索エンジンに伝えるためそれまで積み重ねた検索エンジンからの評価をゼロにすることなくサイトの移転を行うことができます。
    サイトの移転ではなく新規のサイトとみなされたら大変です。SEO対策という努力を積み重ねた結果、ようやく上位表示されるようになってもまた一から出直しになってしまいますから。
  • 1つのファイルで多数のファイルやフォルダを制御できる

<.htaccessのデメリット>

先ほども少し触れましたが、.htaccessを利用するためには
「WebサーバがApacheで構成されている」
「mod_rewriteモジュールがサポートされている必要がある」
「.htaccessの利用が制限されているレンタルサーバがある」
といった制約があります。

以下の参考サイトを利用すると簡単に.htaccessファイルを作成できるので活用してみてくださいね。

参考サイト

http://www.htaccesseditor.com/
http://www.itjpn.co.jp/mkhtacc/

2. php

プログラミング言語のひとつで、動的にHTMLデータを生成し、動的なウェブページを実現させるためのものです。

<phpのメリット>

  • ウェブサーバーを問わない
.htaccessのようにサーバプログラムの種類を問いません。

<phpのデメリット>

  • リダイレクトさせたいすべてのファイルに同じ記述をする必要がありますのでページが大量にある場合は不向きです。
  • 元ファイルがphpで記述されている必要があります。

3. meta refreshタグ


こんな感じで使います。
5秒後に○○へリダイレクトします。という表記を見たことがあると思いますがまさにあれです。

<meta refreshのメリット>

  • HTMLのみで設定できる
  • 転送までの秒数が指定できる

簡易的なページを作りそこから新しいURLのページへ自動的にユーザーを飛ばします。

<meta refreshのデメリット>

  • Googleが全く推奨してない
    これは古いURLで得た評価がリダイレクト先のページに引き継がれるという保証がないのです。SEO的な評価が無くなってしまう可能性があります。

まとめ

3つの方法を紹介しましたがどれも一長一短があります。

こちらで推奨したい方法は使い分けです。使用しているサーバ環境に応じて.htaccessもしくはphpを使い分けるのが良いでしょう。
meta refreshタグはGoogleが全く推奨してないのでできる限り使わないほうが良いです。これしか手段がなく、ユーザーを新しいページに転送させるのが優先という場合にのみ使いましょう。

  • このページを共有する