コンテンツマーケティングにおける良記事とは?

コンテンツマーケティングにおける良記事とは?

はじめに

「コンテンツマーケティング」という言葉をご存知でしょうか?

その名の通り、コンテンツを通してマーケティング活動を行うことを指します。言い換えれば、価値あるコンテンツを発信することで見込み顧客を獲得し、コンテンツの提供を通してニーズを育成して、購買に結びつく行動を促すことを目的としています。

今回は、そんなコンテンツマーケティングを導入するうえで欠かせないコンテンツの質についてフォーカスします。良いコンテンツを通して、何度も購入してくれる優良顧客を育てるためには、良いコンテンツ、すなわち「良記事」が必要不可欠です。

では、その「良記事」を生み出すには、どうしたら良いのでしょうか。

良記事の定義とは?

では、良記事とはいったい何なのでしょうか。

先に述べた目的を達成する手段として「コンテンツ」が存在する以上は、目的を達成するために効果的な記事=良記事ということができます。

これは一つに言い切ることはできませんが、あえていうなら「見込み顧客が記事を読み終わったあとに『知らなかった』『役に立った』と思ってもらうような記事」のことだと言えるでしょう。

これは、あなた自身の経験を振り返れば理解しやすいのではないでしょうか。
例えばあなたが初の海外旅行に行くことになったとしましょう。そこで、海外旅行に必要なものは何かと調べようとあなたは考えます。インターネットで「海外旅行 準備」と検索すると、たくさんの情報が出てきます。

さて、ここで質問です。
あなたが『このWebサイト(もしくはコンテンツ)が気に入った』と感じるとすれば、それはどんなコンテンツでしょうか?

既に知っている情報がつらつらと書かれているコンテンツでしょうか?
それとも、海外事情について豆知識がずらっと書かれているコンテンツでしょうか?

恐らくどちらでもないでしょう。
あなたが最も気に入るのは『なるほど、そんなものが必要なのか!知らなかった』と気づかせてくれるサイトではないでしょうか?

初めての海外旅行に行くうえで知らなかった、でも知ると便利な情報を与えてくれるコンテンツは、良いコンテンツ=良記事とだと言えますよね。

どうやったら良記事ができるのか

今度は制作側の立場になってみましょう。
どうすれば良記事を作ることができるのでしょうか。
ここでは、特に重要なポイントを2つに絞ってご紹介します。

ポイント1:見込み顧客が抱くニーズへの目線合わせ

まず一つ目のポイントは、見込み顧客の目線に合わせるということです。
コンテンツを作るうえではまず、見込み顧客、すなわちWebサイトのユーザーが求めている情報は何かを徹底的に考えなければいけません。どういったユーザーをターゲットにし、潜在的なニーズは何かを想定します。
その想定のもと、ニーズを満たす製品は何かを考えて紹介します。さらにユーザーにとって、その製品から生まれるメリットやベネフィットを記載することでユーザーにとっての良記事が生まれます。

ポイント2:製品のイメージを見込み顧客に持たせる

ポイント1を満たしたうえで、二つ目のポイントを考慮します。

どうして製品の具体的なイメージを見込み顧客に持たせることが重要なのでしょうか。

それは、具体的なイメージを持たせることが、購買活動と密接に関係しているからです。
リアル店舗であれば、実際に触れたり間近で見ることができるため、顧客は自然と利用している場面をイメージすることができます。しかし、オンラインでは実際に製品を手に持つことができず、イメージを持たせるためには工夫が必要です。

製品のイメージを具体的にするには、他社製品と比較した優位性を具体的に述べたり、その製品の利用例を掲載したり、利用している人の実際の声を記載するなどの方法があります。

ユーザーに対し、製品を使っているイメージを明確に持たせることができる記事は、購買活動へもつながる良記事となるのです。

まとめ

コンテンツマーケティングとは何かというところから、コンテンツマーケティングにおける良記事のポイントまでご紹介しました。

良記事を使ったコンテンツマーケティングは、企業にとって非常に有用なマーケティング手段の一つです。そしてその成功のためには良記事が欠かせません。

見込み顧客が記事を読み終わったあとに『知らなかった』『役に立った』と感じてもらえる記事を書くことで、結果として企業のマーケティングに大きな影響を与えるのです。

  • このページを共有する