WEBサイトでのメールアドレス公開方法

140515

よく、Webサイトの問い合わせ先に のようなメールアドレスを直接記載している会社があります。連絡先メールアドレスを特定商取引法表記などのページに記載しなければならない場合もあるので、仕方が無い場合も多いのですが、そういった時に、メールアドレスの記載方法には十分注意しなければなりません。

なぜなら、HTMLファイルに直接メールアドレスを直書きするのは、セキュリティ上問題があるからです。だいぶ以前から、ネット上に公開されたメールアドレスを自動的に探知・収集する「メールアドレス収集ロボット」が存在しているというのは有名な話です。

それを使って多くのメールアドレスを集め売買している業者がいます。このような形で漏洩したメールアドレスは業者からの「スパムメール」攻撃の餌食となったり、悪用されてしまうことも珍しくはありません。

これらの被害を未然に防ぐためには、できるだけ、Webサイト上にSSLで保護されたメールフォームを作成して、連絡先メールアドレスをWebサイトには公開しないことが最善な方法といえるでしょう。ユーザビリティ的にも望ましいと言えます。

どうしても連絡先メールアドレスを記載したい場合は、JavaScript等を使って、HTMLに直接メールアドレスを記載しないという公開方法をとりましょう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。