レンタルサーバーの種類と特徴

140730

レンタルサーバーには多くの種類があり、目的によって選択することが理想です。

以下に代表的な4つのサーバーの特性を紹介しましょう。

■共有サーバー

複数のユーザーが1台のサーバーを共有して利用するシステムが「共有サーバー」です。他のサーバーに比べて費用が安価で、申込みから利用まで時間がかからない点が魅力です。ただし、同時に利用するユーザーの干渉が少なからずあるのがデメリットといえます。

■専用サーバー

費用は高価となりますが、ディスクやCPUを他人や他社と共有せず独占したいという場合には「専用サーバー」の利用が最適でしょう。高いスペックにも対応できるというメリットもあります。

■VPS

費用面を考慮して「共有サーバー」を利用したいが他のユーザーからの干渉を避けたいというユーザーには【VPS】がおすすめです。普通の共有サーバーではできない個別のカスタマイズが安価で可能となっており、近年よく利用されるようになってきています。

■クラウドサーバー

ネット上で利用するサービスとして近年特に注目されてきているのが「クラウドサーバー」です。複数のサーバーを同時に利用できるサービスが特徴で、必要に応じてサーバ移転を伴わずにサーバ領域を拡張したりといった柔軟性が大きな特長です。

以上が4種類のサーバーの特徴です。

Webサイトの運営側は、それぞれのメリットとデメリットをよく理解した上で、自身のWebサイトに最も適しているサーバーを選択するのが理想でしょう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。