Web制作・ホームページ制作 HOME > 採用情報 > 職種解説 > HTMLコーダー
採用情報 プロフェッショナルを目指す方へ

職種解説(HTMLコーダー)

職種解説(HTMLコーダー)

Webデザイナーが起こしたデザインとWebディレクターが作成した設計書をもとにHTMLをコーディングします。

 

 当社は、自社開発のサイト職人CMSを展開していることもあり、CMSを使った案件が多いです。Movable TypeやWordpressもよく使います。 

また、最近はJavaScriptを使った表現の多様化、HTML5の登場など、Webによる表現の幅が広がってきました。 

スマートフォンやタブレットPCの急速な普及で、レスポンシブWebデザインへの対応が必要な案件も増えてきています。

常に、Web業界のトレンドをキャッチアップし、そういった要望に応えられるよう準備しておかなければなりません。

 

HTMLコーダーは、「ウェブラボ」という社名のように新たな技術を発信していくような “研究開発型”の制作会社を目指していく上で重要な職種です。

Webディレクターやデザイナーの指示“ありき”のコーディングは当たり前。

コーディングありきで「こんな表現もできる!」「こんな操作も可能」など、HTMLコーダー発信の提案を期待しています。

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日9:30~18:30

今すぐ相談する