検索順位で上位を狙うならロングテールSEO

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

個人、もしくは会社のホームページで、SEO対策の一環として、ブログでコツコツと記事を書いているのに、検索順位が全然上がらずに悩んでいる方いませんか?

 

今回はそのお悩み解決に役立つ記事になります。

 

ビッグワードはウケがいいけど…

検索順位が全然上がらない?もしかしたら、ビッグワードを狙いすぎているのかもしれません。

みんな知っているキーワード、どこのホームページでも話題にしているようなビックワードを狙い、便乗して記事を書いても上手くいかないことが多いと思います。

“みんな知っている”、”どこでも話題にしている”言葉、話題、いわゆるビックワードでは、当然ながら競合性が高くなるので、検索結果の上位を獲得するには、競合に勝つくらいの十分な文字数、有益なコンテンツを用意する必要があります。

ましてやビックワードだけを狙うとなると、そのワードで上位をとれない場合、アクセスが全く稼げないので効果はありません。

じゃあ、記事を書く場合どのようなワードをチョイスすればいいのでしょうか。

 

ロングテールワードを狙うべし

ロングテールワードとは細かいキーワードのことです。

検索されるキーワードの8割がこのロングテールキーワードで、残りの2割がビッグワー

ドとされています。

2割よりも8割の方を狙いに行った方が良いというのは、統計的な数字でも実証されているわけです。

ちなみに、ロングテールの名前の由来は、8割から2割に推移するグラフが、長い尻尾のような形に似ていることから命名されました。

じゃあ、どんなロングテールワードを探したらいいのか、どうやって探すのか、と言う点は後でお話しますので、その前に、ロングテールを使うメリットについて詳しく解説しましょう。

 

まず、ロングテールワードを生かしてウェブホームページのSEOを効果的に進めていく方法を、ロングテールSEOと言います。

ロングテールSEOとは、いわゆるニッチ狙い・穴場狙いのSEOのことで、一定の検索ボリュームがあり、競合が少ないニッチワードで多くのページにSEOを行うことを指します。

ロングテールSEOには金言とも言うべき法則があり、それは「上位20%のヒット商品よりも、ほとんど売れない商品群の方が売上額が多い」というものです。

 

Amazonが大成功した理由

一つ、このロングテールの法則で成功した事例をご紹介します。

みんなが知っている、あのAmazonです。

Amazonが大成功した理由はロングテールキーワードにあるわけです。試しにあなたが好きな本のタイトルを検索してみてください。

その本がメジャーであろうとマイナーであろうと、大体、検索結果の1ページ目に、Amazonのホームページが表示されますよね。これがロングテールSEOです。

たとえ検索回数が月に10回に満たないマイナーな本でも、商品としてページを用意しておくことで検索したユーザーはほぼ、Amazonのホームページにアクセスします。ライバルがいないので上位表示はもちろん、他に購入できるホームページが見当たらないので、必然的に購入に繋がりやすくなります。

ロングテールSEOは検索ユーザーのニーズとマッチしやすく、コンバージョンしやすいわけです。

 

ロングテールSEOのメリット

このように、ロングテールSEOのメリットは

・比較的競合が少ない

・上位表示されやすい

ことと、ユーザーのニーズに合致したコンテンツを作りやすいので、

・集客も安定する

といった、3つのメリットがあります。

 

まとめ

では最後に、ロングテールキーワードの探し方を説明します。

まず前提となる知識として覚えておくと良いのは、「キーワードの検索ボリューム」をもとに、コンテンツを作っていくという事が集客の近道です。

 

「キーワードサジェストリサーチツール」などを使用して、

キーワードの検索規模やサジェストのパターンを調べ、キーワード選定していきます。

https://goodkeyword.net/

 

たとえば「シャンプー」といったビッグワードで検索してみて、候補となるキーワードを確認しながら、キーワードにマッチするコンテンツを作成していきましょう。

シャンプーの場合は、シャンプー+おすすめ、シャンプー+メンズ、シャンプー+悩み、シャンプー+くせ毛といったワードでコンテンツを作っていくとニッチなニーズに引っかかってくると思います。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。