SEOライティングとは?初心者のための5つのポイントを紹介

5132481_s検索エンジンから集客するため、コンテンツマーケティングをスタートしたけれど、思ったよりもWebサイトのアクセスが増えていかず、困っていませんか?Webサイトへのアクセスは、SEOライティングを意識することで大きく伸ばすことができます。

そもそも、SEOライティングは、一般的なライティングと何が違うのでしょうか。今回は、Webサイトのコンテンツマーケティング担当者に向けて、SEOライティングとはいったいどのようなものなのか、基本的な考え方やライティングのポイントについてわかりやすく解説していきます。

SEOライティングという考え方

SEOライティングとは、SEOを意識した記事のライティングのことです。つまり、Googleでの検索順位を上位に上げるためのライティング方法といえます。検索エンジンでキーワード検索した際、1~2位に掲載されているページがありますが、SEOライティングが意識されているために、その順位となっているといえるでしょう。。

SEOライティングを習得すると、ユーザーや検索エンジンにわかりやすいコンテンツを制作できるようになるため、日々ブログや記事のアップに追われている担当者は意識してもらいたいポイントとなっています。

SEOライティングのポイント

SEOライティングは、どうすれば習得できるのでしょうか。次に、SEOライティングの習得に欠かせない重要で簡単なポイントを5つご紹介します。

タイトルにキーワードを含める

コンテンツを制作する際は、タイトルにキーワードを含めて長くなりすぎないようにしましょう。タイトルは、30文字を目安に考え、キーワードは前方に設置します。これにより、キーワードが前方にあるため、ほかよりも目立つタイトル作成ができます。

見出しの構造は正しく、そしてキーワードを含める

SEOライティングでは、見出しによる構造設計が非常に大切です。正しく見出しの構造設計ができるようになると、比較的簡単に検索上位を目指せるようになります。見出しとは、文章の目次のようなものです。

本を読んだとき、目次がないと何が書かれてあるのかを簡単に把握することはできません。そして、目次に関連する見出しがないと、数百ページの本を読む気にはならないでしょう。

そのため、Webサイトのコンテンツを制作する際は、h1,h2,h3など使ってわかりやすく構成し、読む人にも検索エンジンにもわかりやすく作成しましょう。見出しは、Googleがどのようなコンテンツが記載されているのか把握するためにチェックしている場所なので、主要キーワードや関連キーワードなどを入れて、コンテンツの内容を正しく明示していきましょう。

適切なマークアップとキーワードから逸脱しないような文章

SEOライティングを習得したい方は、基本的なマークアップができるようになっておきましょう。HTMLというと非常に苦手意識を持たれる方がいますが、覚えるタグは限られているため、それほど難しくありません。

 

  • 見出しを記載するときは<h1~6>タグ
  • 箇条書きにしたい場合は<ol><ul>タグ
  • リンク表示したい場合は<a>タグ
  • 比較表を使って表示したい場合は<table>タグ
  • 何かの文章を引用する場合は<blockquote>タグ
  • 1つの段落として求める場合は<p>タグ

 

あとは必要に応じて、タグを使い分けてマークアップしていきましょう。クローラーは、タグの意味を理解しているため、キーワードから逸脱しない文章が作成できるようになると、検索エンジンで上位表示しやすくなります。

画像のalt設定は必ず

画像を使用する場合は、alt設定は必ずしましょう。Googleのクローラーは、画像の意味を把握できません。そのため、alt設定をしてあげると、画像の意味を意図的に伝えられるようになります。

表記の揺れがないか、代名詞を多用していないか

コンテンツを作成する際、代名詞を多用していないでしょうか。「これ」「あれ」「それ」は、使ってしまいがちな言葉ですが、これではクローラーは何について記載されているのか把握できません。

代名詞を使わないのは、人間ほどニュアンスなど理解できないクローラーへの配慮といえます。また、表記の揺れにも注意が必要です。特に、略語としていくつかの表記が可能な場合は、どのキーワードで上位表示を目指すのかを考えて、表記の揺れが起きないようにしましょう。

Googleの基本はユーザーファースト

Googleは、ユーザーファーストでコンテンツを制作することを目標に掲げています。ユーザーファーストとは、ユーザーを第一に考え、満足度につながるコンテンツを制作するという考え方です。

そのため、SEOライティングでは、ターゲットになるユーザーがどうすれば求めている情報が手に入れることができるのかを意識することを忘れてはいけません。

まとめ

以上、実践しやすいポイントをピックアップしてみました。
SEOライティングを習得すれば、次々とコンテンツが検索エンジンの上位に掲載されます。しかし、勉強したからといってすぐに習得できるものではありません。非常に奥が深く、勉強に終わりがありません。

それを踏まえて今アップされている記事のマークアップに問題がないか、まずはこの5つのポイントを踏まえて、見直してみてはいかがでしょうか。

  • このページを共有する