クロール済みなのにインデックスされない?「検出-インデックス未登録」とは

クロール済みなのにインデックスされない?「検出-インデックス未登録」とは皆さんはSearch Consoleに実装されている「インデックス カバレッジ」という項目をご存知ですか。
使ったことがない方もいるかもしれませんが、実はこの「インデックス カバレッジ」は、検索エンジンにサイト内の各ページがどのように扱われているのかをチェックできる機能なんです!
せっかくサイトを更新しても、期待通りに検索結果にインデックスされなければ、機会損失となりかねませんから、ぜひチェックしておきたいところ。
今回は、サイト内ページのインデックス状況などを確認できる「インデックス カバレッジ」についてご紹介いたします。

 

インデックス カバレッジとは

インデックス カバレッジとは、サーチコンソール上で登録しているサイト内ページのインデックス状況をチェックできる機能です。
ページによっては何らかの問題でインデックスされていないケースがあり、そういった問題をいち早くチェック・解決できる機能です。
では、インデックス カバレッジを早速チェックしていきましょう!

インデックス カバレッジの確認方法

インデックスカバレッジレポートを確認するには、サーチコンソールにログイン後、画面左、モバイルでは左上のアコーデオンメニューから「カバレッジ」を選択します。

それぞれ以下の順番で項目が表示されていますでしょうか。

  • エラー
  • 有効(警告有り)
  • 有効
  • 除外

インデックス カバレッジ
この項目は左に行くほど問題の優先順位が高く、すぐに対処しなければなりません。

 

検出-インデックス未登録

インデックスカバレッジを確認していると、「検出-インデックス未登録」とレポートされる場合があります。
これは、検索エンジンがクロールはしているがインデックスには登録されていないという状態です。
原因が複数考えられますが、URLをサイトマップで送信しただけで、サイト内のどこからもリンクされていない場合も原因の 1 つです。
つまり、評価につながってない状態になっているわけですね。

検索エンジンの動作を簡単に説明すると

  1. クロール
  2. インデックス
  3. ランキング

よって上記のケースは1のみで止まっている状態になります。サイト内リンクを調整し、インデックスされるように修正を行いましょう。

 

サイトマップのみでサイト内リンクされていない

この状態だとインデックスされない可能性があるとのこと。
Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏はさまざまな原因が考えられるとしながらも、「サイトマップで送信しただけでサイト内からリンクが張れていないと、さほど重要でないとみなされ、インデックスされないことがありうる。」と述べています。
外部リンクと同様に内部リンクも、クロール時のURL発見において重要な要素となりえるという点で同じです。
サイト内のどこからもリンクされていない”孤立した”ページは、運よくインデックスされたとしても、すぐに消えてしまうことが少なくありません。
また定期的な再クロールに加え、ページ評価の受け渡しにも内部リンクは影響を与えるので、決して手抜きをしてはいけません。

 

まとめ

SEOの観点から、ユーザーだけではなく、検索エンジンにとっても内部リンクは依然として重要で、ページ同士を適度につなげることもサイト運営側の使命です。
ただし、内部リンクを調整するうえで、ユーザー体験を無視し、SEOのことだけを考えてむやみに内部リンクを貼るのは違います。
訪問ユーザーを考慮しつつ、既存ページ、新規ページを問わず、内部リンクの構成にも気を付けていきましょう。

  • このページを共有する