「トップページ・ダウン・ペナルティ」

SEO対策はサイトの入り口であるトップページを中心に行うことが多いと思いますが、過剰な対策を行うことで、突然、トップページが検索結果に表示されなくなってしまうことがあります。

これは主にYahoo!の検索結果に見られる現象で、「トップページ・ダウン・ペナルティ」と呼ばれています。

以下の方法で、サイトがトップページ・ダウン・ペナルティを受けているかどうかを調べることができます。

—————————–

・Yahoo!で「depth:0 site:サイトURL」と入力

例)depth:0 site:https://www.weblab.co.jp/

—————————–

ペナルティを受けていなければ、検索結果の1位に入力したサイトURL(=トップページ)が表示されます。

例外もありますが、その他のページが1位に表示された場合は、ペナルティを受けている可能性が非常に高いです。

このペナルティが発生する主な原因として、ページ内のキーワードの出現回数・出現率と近接度(同じのキーワード同士の密接具合)があげられています。

何回以上、ページ全体の単語の何%以上といったような明確な数値はありませんが、キーワード出現率は5%以下が望ましいといわれています。

※キーワード出現率について、詳しくはこちらから

『今すぐ使える!SEO対策 第6回「キーワード出現率」』

また、<title>タグや<meta>タグ、<body>タグの直後のページの先頭に近い部分、つまり、SEOの効果が高い部分でキーワードの過剰な埋め込みを行っていると、その分、ペナルティを受ける可能性も高くなります。

トップページ・ダウン・ペナルティを受けると、解消するまでにはかなりの時間が必要となる場合があります。

検索結果の上位表示だけにとらわれず、ユーザーにとって読みやすい、自然な文章をつくること。

ペナルティを受けてからではなく、サイトを作る上での基本的な心構えとして、意識すべきことだと思います。
  • このページを共有する