今すぐ使える!SEO対策 第8回「サイトマップ登録」

GoogleのウェブマスターツールやYahoo!のサイトエクスプローラー、MSNのLive Search Webmaster Center等に自サイトのサイトマップ(xmlファイル)を登録することで、それぞれの検索エンジンから効率的にクロールしてもらえるようになり、SEO対策としても非常に有効です。
■Google ウェブマスターツール
http://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja
■Yahoo! サイトエクスプローラー
http://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
■MSN Live Search Webmaster Center
http://webmaster.live.com/

現在、サイトマップを作成するにあたっては、『sitemap.org』のフォーマットが標準的な仕様となっており、Google、Yahoo!、MSN等の主要な検索エンジンもサポートを表明しています。

■sitemap.org
http://www.sitemaps.org/ja/

サイトマップ(xmlファイル)は、以下のような記述で構成されます。

*************************************************************

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
 <url>
  <loc>http://www.example.com/</loc>
  <lastmod>2008-12-08</lastmod>
  <changefreq>weekly</changefreq>
  <priority>1.0</priority>
 </url>
 <url>
  <loc>http://www.example.com/001.html</loc>
  <lastmod>2008-12-08</lastmod>
  <changefreq>monthly</changefreq>
  <priority>0.5</priority>
 </url>
</urlset>

————————————————————-

<urlset>
記述必須。ファイルの他のタグを囲む。

<url>
記述必須。各ページの親タグ。その他のページ情報についてのタグは、このタグ内に含める。

<loc>
記述必須。ページのURL。

<lastmod>
記述省略可能。ページの『最終更新日』。

<changefreq>
記述省略可能。ページの『更新頻度』。ロボットがクロールに来る頻度の目安。
設定値は「always(常時)」、「hourly(毎時)」、「daily(毎日)」、「weekly(毎週)」、「monthly(毎月)」、「yearly(毎年)」、「never(不変)」。

<priority>
記述省略可能。サイト内でのページの相対的な『優先度』。設定値は「0.0」~「1.0」。
「0.0」はサイト内で最も優先度の低いページ、「1.0」はサイト内で最も優先度の高いページとなる。

*************************************************************

自サイトのページ数が多い場合は、「sitemap.xml 作成」等で検索するとサイトマップ作成ツールが複数出てくるので、 それらを使って作成することをおすすめします。

また、現状では『sitemap.org』のフォーマットではなく、これまで主流だったGoogleウェブマスターツール専用のサイトマップ作成ツールのほうが多いですが、基本的な構成に変わりはないので、以下の記述を変更すれば、Google以外の検索エンジンでも利用できるようになります。

<urlset xmlns=”http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84″>

<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。