今すぐ使える!SEO対策 第2回「alt属性」

今回は、画像ファイルのalt属性の記述について紹介します。

Webサイトを作成するにあたって、

グラフや表、写真等の画像の利用は欠かせません。
しかし、その画像がWebサイトにとって
どんなに重要な内容を示すものであっても、
YahooやGoogleなどの検索エンジンは、
それがどんな画像かを認識することができません。

alt属性は、そんな画像ファイルの内容を説明するためのもので、

以下のように<img>タグ内に記述されます。

<img src=”example.jpg” alt=”画像の説明” />

alt属性として記述した文は画像の代替テキストとなり、

画像が表示されなかった時に代わりに表示されるテキストや、
音声ブラウザで読み込まれるテキストとなります。

Googleのウェブマスター向けヘルプセンターに、

alt属性について以下のような記述がありました。

ALT属性の説明をわかりやすく正確なものにする。

不適切な例:

<img src=”puppy.jpg” alt=”” />

適切な例:

<img src=”puppy.jpg” alt=”子犬” />

最適な例:

<img src=”puppy.jpg” alt=”木の枝を取って戻ってくるゴールデンレトリーバーの子犬” />

避けるべき例 (不正なサイトと見なされる可能性がある):

<img src=”puppy.jpg” alt=”子犬 赤ちゃんの犬 小さな子犬 レトリーバー ラブラドール 大型猟犬 猟犬 ポインター ジャックラッセル テリヤ ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌” />

http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/answer.py?answer=70928&ctx=sibling

altタグを入れていても、その画像についての説明として、

上記の例でいう「子犬」のような1つの単語のみを記述しがちですが、
Googleは「木の枝を取って戻ってくるゴールデンレトリーバーの子犬」というような、
画像についてかなり詳細な説明を記述することを『最適な例』として示しています。

このような形で、画像の説明文の中に検索キーワードをうまく使うことで、

SEO対策を取ることができます。

しかし、Googleが避けるべき例として示すように、

キーワードを詰め込みすぎるとスパムと認識される可能性もあります。
また、画像と全く関連性のないキーワードを記述することも厳禁です。

SEO対策のために無理やりキーワードを詰め込むよりも、

あくまでアクセシビリティの観点から、画像の説明として
適切な説明文とキーワードをうまく記述することが重要です。
  • このページを共有する