Googleアドワーズ(AdWords)の新システム

今日は新聞記事ではなく、japan.internet.comに掲載されたSEMコンサルタントの記事からです。

8月16日に、Googleは自身の検索エンジン連動型広告であるアドワーズ(AdWords)のシステムを新しくしました。新システムは、QbB (Quality-based Bidding)と言うそうです。

新システムについての詳細はこちら↓
https://adwords.google.com/support/bin/answer.py?answer=6111&topic=115

どのように変わったのか、大きなポイントは

  1. 広告掲載順位の決め方が変わった。
    【従来】上限CPC(入札価格)× CTR(クリック率)

    【今後】上限CPC(入札価格)× 品質スコア
  2. 品質スコアは、
    ・キーワードのクリック率
    ・広告テキストの関連性
    ・キーワードの過去の掲載結果
    ・その他の関連性に関する要因
    に基づいて決定される

恐らく、アドワーズをやったことのある人以外は、これだとわかりづらいですね。

今までは、「1クリックあたりの上限予算」と、「その広告がどれだけユーザーにクリックされたかのクリックレート(CTR)」によって、広告の掲載順位が決まっていました。

その際、1クリックの値段は、“=設定した1クリックあたりの上限予算”ではなく、設定した上限予算の範囲内で、ライバルのCPC上限に+1円の価格になっていました。(Yahooオークションの自動入札みたいなものですね)

そしてもう1つルールとして、CTRは0.5%を下回ると掲載が取り下げられるというものがありました。

ですから、あまり予算がない場合などは、いわゆるビッグキーワードを避けたり、複数のキーワードを組み合わせたりして設定して、できるだけ費用対効果を高めるようにしていくのですが、あまりにこの設定を絞りすぎてもCTRが0.5%を下回り、広告が取り下げられたりしていました(アドワーズをやったことのある人であれば、結構多くの人が経験があるはず)。

今回、その方式が変わり、CTR等が低くて掲載が取り下げられてしまったキーワードも、入札単価次第で掲載できるようになるようです。

私はまだ新システムになってから使ったことが無いのですが、この面では少しストレスが無くなるような気がします。
(記事でも指摘の“CPCの高騰可能性”については気になりますが)

今日の情報源であるjapan.internet.comの記事の後半にあるような、ライバル等の企業名をキーワードとして設定するということが、しやすくなるということも確かに言えそうですね。

一度試してみたいです。
  • このページを共有する