指名検索とは?メリットと増やす方法

指名検索とは?メリットと増やす方法近年非常に重要視されている、指名検索。
指名検索とは、お店の名前とかWebサイト名、サービス名などの固有名詞をキーワードにして検索する方法です。
 
ブランドや企業名、サービス名をブランディングしている立場の人は、指名検索の重要性を感じているのではないでしょうか?

そもそも指名検索とは

指名検索とは、店名や会社名、ブランドネーム等の固有名詞をキーワードとして入力し検索を行うことです。
例えば「雑貨 トレンド」など、いくつかのキーワードを組み合わせて検索する方法もありますが、自分の好きなブランドがあれば、無印とかフランフランなどのブランド名を直接入れて検索したほうが早いかもしれません。またそのようにして検索する人も多いでしょう。
キーワードは通称「指名検索キーワード」「ナビゲーショナルクエリ」とも呼ばれます。

 

指名検索を増やすメリット

この指名検索での検索行動から、ユーザーの流入を増やすことができれば、多くの恩恵を受けられます。

 

一つ目のメリットとしては「検索アルゴリズム※の変化に左右されづらくなる」点です。
いくつかのキーワードを配して検索する一般検索と比べ、「○○のサイトに訪れたい」という検索ユーザーの意図が明確なため、このようなメリットが出てきます。

 

※最も有用な情報を表示するための検索エンジンの仕組み。検索クエリの単語、ページの関連性や有用性、ソースの専門性、ユーザーの位置情報や設定などで左右される。

 

二つ目のメリットは「購買意欲の高いユーザーを集めることが出来る」点です。
固有名詞を知っているということは、ある程度その企業、サービスを既に知っているわけです。それらに興味の強い指名検索ユーザーを集めることは、成果につながる近道となります。

指名検索を増やす方法

では、どのようにすれば指名検索ユーザーは増えるのでしょうか。
3つ方法を紹介します。

 

まずは一つ目、広告作戦です。
広告を打ち、露出を増やしましょう。
ただし広告はコストがかかります。当然ターゲットを絞り込み、効果的にアプローチしていかなければなりません。

 

二つ目の作戦はSNSを使った認知度アップです。
SNSは広告と違ってタダですから、ある程度時間をかけて、多角的に露出を増やしても問題ありません。SNSで露出が増えればユーザーの認知機会の増加と、企業やサービスなどの指名検索対象に対する親しみも増していくでしょう。

 

そして三つ目、話題性のある”バズる”商品やサービスを展開することです。
SNSで広めたくなるとユーザーに思ってもらえるような、魅力的な商品を開発しましょう。これによって自然と情報が拡散されます。

指名検索を確認する方法

検索ワードがどのようなものなのか、指名検索がどれくらいの流入数なのか確認してみましょう。

 

指名検索数はサーチコンソールを利用して確認できます。

 

  1. 「検索パフォーマンス」からフィルタを設定
  2. 確認したいブランド名(指名検索キーワード)でクエリを絞り込む

手順はたった2つ、すぐに調べることができます。

まとめ

指名検索は、Webサイトの成果につなげやすく、自社ビジネスに大きなメリットがあります。
またGoogleも、指名検索数をWebサイトの評価基準の一つにしているとも言われており、指名検索を獲得することはSEO的にも良い影響が出やすいと考えられます。
ぜひ、指名検索の対策実施をおすすめします!

  • このページを共有する