【Google】MFI強制移行を2021年3月末まで延期

MFI強制移行を2021年3月末まで延期

はじめに

以前「MFI強制以降でタブや展開メニューで非表示にしたコンテンツはどうなる?」で
Googleは2020年9月にMFI(モバイルファーストインデックス)へ強制移行すると発表したとお伝えいたしましたが、どうやらそれを2021年3月末まで延期するようです。

MFI移行-今までの経緯

現在ではスマートフォンの普及により、PCよりもモバイルユーザーが主流になっています。

そこでGoogleは、モバイルに対応したクローラーにて各サイトのインデックスを行うようにすることで、主流となっているモバイルユーザーが閲覧するページを対象として、ページ評価を行うように方針を転換しました。

しかし、アナウンスはされているものの、このMFIは度々延期されています。

MFI移行の障害となる問題

今回の延期のアナウンスとともに、MFI移行の障害となる問題をGoogleは公式ブログにて掲載しています。

以下、移行の障害となる問題について主要な部分をまとめました。

モバイルサイトのrobots metaタグ

モバイル向けサイトのページに、noindexやnofollowのような検索エンジンにページをインデックスさせるかさせないかを指定する、いわゆるrobots metaタグがあります。

Googlebot はページをインデックスできない、あるいはページにあるリンクがたどれなくなるため、障害となる可能性があります。

モバイルサイトのLazy-load

Googlebot はタップもスワイプもしません。そのためユーザーの当該アクションによって、画像を読み込ませる仕様になっていると、画像がインデックスできず、これもMFI移行の障害になりえます。

robots.txtでのブロック

モバイル向けページでは、PC版と異なる URL で CSS や画像などのリソースを配信している場合、そのリソースをrobots.txtでブロックしてはいけません。ページをレンダリングできなくなるケースや、トラフィックがゼロになるケースも出てきます。

モバイルとPCで主要なコンテンツを一致させる

一致させずにモバイル向けのページで省略していると、ランキングが下がる可能性があります。なぜかというとMFIでは、モバイル向けページがインデックスされるからです。

省略されたモバイルページのコンテンツが検索対象でなくなり、ランキングが下がってしまうのです。

見出しをそろえる

主要なコンテンツとともに、PC版、モバイル版ページの見出しをそろえることも大切です。また適切な(わかりやすく意味のある)見出しをつけないと、検索エンジンのインデックスが理解できないため、結果として検索順位が下がる可能性もあります。

画像のクオリティ

サイズが小さく解像度が低い画像をモバイル向けサイトで掲載すると、Googleが質の低い画像と認識し、評価を下げてしまう可能性があります。

alt属性

画像の代替となるテキスト情報のalt属性ですが、PCだけでなくモバイル向けページの画像にもalt属性を付ける必要があります。

異なる URL で画像を配信する

モバイル版、PC版ともに同じURLでの画像配信が望ましいです。もし別々のURLにした場合、MFI移行の際にURLの認識に時間がかかる可能性があります。

動画と画像の配置場所

モバイル版、PC版ともに動画と画像をユーザーが見つけやすい場所に置くのが基本です。モバイル版は広告の兼ね合いで、広告が一番目立つ場所に配置されがちですが、ページ上部へ配置するのがセオリーです。

 

詳しくは公式ブログの記事で確認してください。

セパレート形式によるモバイル対応に原因がある

このように、MFI移行の障害となる問題のほとんどは、モバイルフレンドリーの対応方法に由来しています。

これまで以下の3つの方法でモバイルフレンドリー対応・スマホ最適化をされてきました。

 

  • レスポンシブサイト
  • 動的な配信(デバイスの判定によるHTML出し分け)
  • セパレートURL(PC・スマホで別々のURL, m-dot)

端的に言うと、レスポンシブサイトでの対応であれば問題は少ないのですが、そのほか2つの方法の場合、PCとモバイルで異なるHTMLを出し分けすることになります。
ではセパレートサイトはレスポンシブに変更すべきなのか?という話ですが、これはケースバイケースです。ただ可能であれば変更しておくに越したことはありません。

まとめ

MFIに間に合わせるため、急いで準備してきた方もいるのではないでしょうか。しかし逆に考えれば強制移行が延期した分、Webサイトを見直す時間ができたとも考えられます。

MFI強制移行はSEOを重要視するWebサイトにおいては特に大きな変化なので、この機会にレスポンシブ対応などを行い、MFI移行に備えておきましょう。

  • このページを共有する