【Windows 7がサポート終了!】使い続けるリスクと対応すべきこと

【Windows 7がサポート終了!】使い続けるリスクと対応すべきこと2020年1月14日に、ついにWindows 7のサポートが終了しました。
Windows 7をこのまま使い続けることができるのか?
ある日突然消えてしまったりしないか?
など不安に思われている人もいるかもしれません。
もちろんこのまま使い続けることは可能ですし、ある日突然消えてしまうわけでもありません。

 

サポートがないとどうなるの?別にカスタマーセンターのサポートなんて利用することもないし、サポートがなくてもいいや。使い続けよう!とこのように考えている方は、一度この記事を読んで考え直したほうがいいかもしれません。
Windows 7のサポートが終了する、その意味とは?以下で詳しくご紹介します。

 

サポートが終了するとどうなるのか?

Windows 7のサポートが終了すると、マイクロソフトが行うソフトウェアの更新がストップするため、セキュリティ更新プログラムを受け取ることができなくなります。
プログラムの不具合や、ウイルスの攻撃に対する脆弱性の問題が見つかったとしても、それに対する修正プログラムがなくなるので、危険にさらされながらOSを使い続けることになります。
するとどうなるかというと、やがて攻撃を受け、ある日突然パソコンが動かなくなる日が来るかもしれないのです。
また、Microsoftカスタマーサービスを利用してWindows 7のテクニカルサポートを受けることもできません。

 

サポート終了後、どのように対応すればよい?

Windows 7の次のOSであるWindows 10への移行を行いましょう。
方法は2つあります。
一つはOSのアップグレードを行う方法。もう一つはパソコンの買い替えです。

OSのアップグレードは、今使っているパソコンにWindows 10を入れるという意味で、Windows 10を購入する必要があります。
以前は無償でアップグレードができましたが、現在は残念ながら有料となっています。
また、Windows 10をインストールするためのパソコンのシステム要件に合致しないパソコンの場合、Windows 10を入れることは出来ません。

▽Windows10を入れるためのシステム要件

  • プロセッサ:
    1ギガヘルツ (Ghz)以上のプロセッサまたは システム・オン・チップ(SoC)
  • RAM:
    32ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
  • ハード ドライブの空き領域:
    32ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 32 GB
  • グラフィックス カード:
    DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
  • ディスプレイ:
    800×600
  • インターネット接続があること

Windows 10への移行はパソコンを新規購入するよりも低コストですが、このようにシステム要件がある点に注意が必要です。

 

ちなみにWindows 7 と 10の違いは主に以下の3つです。

  1. Windows 10はウイルス対策や脆弱性緩和機能を標準搭載
  2. Windows 10は指紋や顔認証が活用できる
  3. サポートの終了期限が無い

OSのアップグレードを行ってWindows10を使用するかパソコンを新規で購入するか、どちらが良いかはご自身の環境を踏まえ、よく検討してみてください。

 

まとめ

サポートが終了してもパソコンがそのまま使えてしまうため、ついついそのままにしてしまう人も結構いるのではないでしょうか。
しかし、パソコンのデータを守り、安全かつ快適に使うためにはサポートが終了したOSを使い続けるべきではありません。
ご自身のパソコンと大切なデータを守るためにも、今一度、リスクなどについてよく確認してみてくださいね。

  • このページを共有する