(今さらですが)SMO[Social Media Optimization]って何?

SEO(Search Engine Optimization)やSEM(Search Engine Marketing)は、もうほとんどの方が知っているワードです。本屋に行けば、書籍も沢山あります。
では、SMO(Social Media Optimization)となるとどうでしょうか?
実のこのSMOという言葉が出てきてから随分経ちますし、昨年夏ぐらいにかなりの勢いでバズワードになった言葉です。
SMOそれだけを詳しく解説している本は今のところあまりありません。SMOはどちらかというとSEOの一環として捉えられますし、業界紙等ではそういう形で紹介されることが多いです。

さて、SMOとは何なのか、メディア・パブさんが解説してくれています。

Rohit BhargavaはWebサイトのSMO(Social Media Optimization)を次のように定義している。
—————————————
While I believe in the power of SEO, there is a new offering we have started providing to clients which we call Social Media Optimization (SMO). The concept behind SMO is simple: implement changes to optimize a site so that it is more easily linked to, more highly visible in social media searches on custom search engines (such as Technorati), and more frequently included in relevant posts on blogs, podcasts and vlogs.
—————————————
つまり,ブログ検索Technoratiのようなソーシャルメディア検索エンジンとか,ブログ,ポッドキャスト,ビデオブログなどからのトラフィックを増やす対策を講じることを,Social Media Optimization と言っているのだ。さらに,恐らく,SNSやニュースアグリゲーターなどからのトラフィック増対策も包含しているのだろう。
▼メディア・パブ
http://zen.seesaa.net/article/23178796.html

例えば、「はてなブックマーク」などのソーシャルブックマークサイトで「人気エントリー」として掲載されたりすると、思わぬトラフィック量を得たりすることがあります。さらに「人気エントリー」で記事を見た人が、自分のブログでその記事&リンクしてくれたりします。ですので、このようにソーシャルメディアを上手に使うことは、トラフィック量が増えるだけでなく、良質な被リンクを獲得できるという意味でSEOとしても有効です。
しかし、当然ですが「人気エントリー」に掲載されるには、記事そのものの魅力も必要です。

Web2.0時代の中で、ソーシャルメディアはどんどん増えていますし、今後も間違いなく増えていくでしょう。そんな中で、SEOにおけるSMOの比重も少しずつ大きくなっていく気がします。

  • このページを共有する