Facebookのニュース表示順位が変わる! 友人や家族の投稿が優先表示、メディアやビジネス関連記事は表示優先度DOWN

facebook

みなさん、Facebookは利用されていますか?
Facebookを見ていると、友だちやその友だちがアップした記事、共有リンク、ニュースや広告など、いろんな記事が出てきますね。
そんなに親しくない人や興味ない記事が流れてくることもあり、肝心な情報を見逃してしまうケースもあるのではないでしょうか。
日々こうして何気なく眺めているFacebookニュースフィードですが、記事の表示順って、どんなルールがあるかご存知ですか?

Facebookの記事順はこうして決まる

ニュースフィードの表示順は、Facebookのニュースフィードのアルゴリズムによって決められていて、以下3点を基準として決定されているとのこと。

  • 友人や家族の情報
  • アイデアとしてのプラットフォーム
  • ユーザーが本当に求めている情報か否か

アイデアとしてのプラットフォーム?イマイチよくわかりませんが、どうやら「いいね!」が多ければ多いほど優先的に表示されるってわけでもないらしいのですが、印象としてはいいね!が多いのがトップに表示されている気が…。
いいね!がやたらついている投稿って、確かに気になってクリックしたくなるんですが、たまにスパム的なものもあってなんだかこわい。

ニュースフィードの表示順が今後変わる

そんなユーザーの声を反映してかFacebookは今年の1/11に、ニュースフィードのアルゴリズム変更を発表しました。
今回、表示する投稿の「優先順位」が見直されたのです。

優先される投稿
<家族、友人の投稿>

これはなぜ変更されたかと言うと、ユーザーにとって有意義なニュースを優先的に表示させて、ユーザー間の会話や繋がりが生まれる機会を増やしたいってことなんだそう。
一般的なニュースやビジネスの情報だと、ユーザー間で共有されることなく、単なる情報として消費される可能性が高い。
一方で知っている人のニュースや投稿なら、それに対してリアクションしてコミュニケーションを深めることができる、そうした動きを重視したアルゴリズムの変更とのことです。

アルゴリズムの変更によってマイナスの影響を受ける人

上がるものあれば、下がるものがあり。それが世の常。
この変更で、メディアやビジネス関連のFacebookページへの投稿は優先度が下がってしまいます。
つまりは企業の投稿は表示順位が下がり、いままでのように多くの人の目に留まらなくなるため、これまでよりもいいね!やシェアを集めにくくなってしまうでしょう。

実はFacebookはアルゴリズムの変更をちょくちょく行っていて、昨年12月に発表された変更では、「~したらいいね!」「~したらシェア」のように、シェアやいいね!を強要するような投稿の表示順位を下げるというものだったんです。
なんでいいね!したりシェアしたりしなきゃならないんだ!と言いたくなるような投稿の類は、正直見たくないって人も多かったはず。
Facebookは上記のような、リーチを増やすための投稿、ニュースフィードアルゴリズムを悪用するヤツらを「engagement bait」と呼んでいますが、こういう類の記事はニュースフィードに出にくくなっています。
たしかに、いいね!を強要するような記事を見ると、スパムのようで嫌な気分になりますよね。

人との健全なつながりを重要視するFacebook

また同様に、昨年12月にこんな機能もリリースされていました。

■うるさい友達を30日間シャットアウトするスヌーズボタン

この機能を使うと、自分のタイムラインに表示したくない友達を、30日間限定で非表示にしてくれる機能です。
自意識高い系の人、リア充ぶりをアピールする人、かまってちゃん的な人の投稿を見ると、だんだんウザくなっていくのが人の常。こういうのって一度気になるといつまでも気になってしまうので、煙たいと思ったらスヌーズボタンをすぐ押しましょう!
ポストの右上にある「…」からスヌーズボタンを選べばOKです。

まとめ

ここまでFacebookのニュース表示順位の変更についてご紹介しました。
Facebookをマーケティングツールとして活用されている企業、担当者の方は、今後どう活用していくのか、あらためて自社Facebookのあり方について考える必要がありそうです。

  • このページを共有する