100SHIKI PR Board 口コミマーケティングの事例

海外のユニークなサイトを日刊で紹介している超有名ブログ「百式」の田口さんが、「100SHIKI PR Board」というプロジェクトを立ち上げ、ブログを使った企業の口コミマーケティングに関する試みを行っています。
エキサイトに、ソニーのWi-Fiオーディオ「WA1」で行った事例のインタビュー記事が掲載されていました。
ブログによる口コミマーケティングを考えている人は、とても参考になると思います。

▼エキサイトのインタビュー記事
「SONY×100SHIKI PR Board 口コミマーケティング成功の秘訣」
http://www.excite.co.jp/webad/special/rid_266/

▼100SHIKI PR Board
http://www.prboard.jp/

仕組みとしては、ブロガーに集まってもらって、企業の該当商品に関してブロガーに自分のブログでその商品のレビューを書いてもらうという、今までにもあった手法です。
当然ブロガーには、金銭とまではいかなくても、何かしらのインセンティブがあるという部分もこれまでと同じです。
違いがあるとすれば、企業とブロガーの間に、利益誘導丸出しのプロモーターではなくて、田口さんという翻訳者がいるということだと思います。
この試みは“「百式」の田口さん”というブランドと、次のような田口さんの志があって、それにブロガーが賛同したから成り立つものだと思うのです。

勉強会ではもちろん広報やプロモーションの効果的な手法を模索しますが、企画するときに大事なのは、企業もブログも両方が育っていかねばならない、ということです。ブロガーはブロガーでメディアとして育っていくのが一番健全だと思っていて、企業には商売がうまくいってどんどんメディアを使ってもらいたい。
どちらかが、というのはあんまりよくないのです。ブロガーにモノをあげてそれでおしまい、という手法はもしかしたら有効かもしれませんが、個人的には興味はありません。そうした意味で、100SHIKI PR Boardは企業のメリットとブロガーのメリットが交差する点を模索し、互いに成長することを指向する集団だと考えています。

ブログの口コミという結果だけ見てしまえば、通常のプロモーターが仕掛けるブログ口コミと、田口さんが仕掛けるブログ口コミの違いは、ブロガーのモチベーションの違いのみと言っても過言ではないです。
ただ、そのモチベーションの中に、田口さんのブランド力と仕事のプロセスの良さ・丁寧さが効いていて、ブロガーのアウトプットの違いにつながっています。何より、このプロセスの中で、ソニーの担当者とブロガーが一緒に勉強会を通じて意見交換したことが、一番の成果なのかもしれませんね。

さて、このインタビューの中で、私が一番うなずいたのが、下記の言葉。

そもそも何を考えてこの商品ができたのか、開発した人はどんな人なのか。そうした「商品の裏にあるストーリー」が大事————-
どんな商品でも、それがなぜ作られたか、なにを解決しようとしているかの「思い」があると思います。その「思い」が見えない状態で商品のスペックを説明されても、納得感は薄いのです。

  • このページを共有する