トリプルメディアとは?3つの種類を解説

トリプルメディアとは?3つの種類を解説

トリプルメディアとは、メディアを「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」という3つのタイプに分類したフレームワークのことです。それぞれのメディアごとに異なる種類のコンテンツを持ち、自社製品やサービスのマーケティングを進めていく上で重要な役割を担っています。
こちらではこのトリプルメディアの役割について紹介します。

オウンドメディア

オウン=自分の、つまり自社が所有・管理しているメディアのことです。
オウンドメディアとは自社のWebサイトやブログ、SNSアカウントなどがこれにあたります。
100%、そのコンテンツを管理できるので自社の戦略に基づいて、商品やブランドに関する情報発信が可能です。ブログの更新や導入事例など、プロモーションありきではなくユーザーに寄り添ったコンテンツで、サプライヤー側のメッセージをじっくり伝えられる側面も、このオウンドメディアの特徴です。興味を持ってサイトに訪れるユーザーが多いので、他のメディアに比べて自社についてより詳しく知ってもらうことが出来ます。

ペイドメディア

お金を払ってコンテンツを提供するメディアです。
一番わかりやすいのは広告ですね。
Webサイトで言うと、有料の広告を出稿できるスペースを提供しているメディアのこと。
例えば、Yahoo! Japan等のポータルサイトには必ず広告枠があり、そこにお金を支払い一定条件を満たせば広告が出せます。検索結果の画面にもテキスト形式の有料広告「リスティング広告」を提供しています。不特定多数の人の目につくので、商品やブランドの認知度を向上させやすい特徴があります。

アーンドメディア

消費者のコミュニケーションによって評判を獲得するメディアです。
いわゆる口コミといえばわかりやすいかもしれません。
口コミを増やし、メディアで話題になることで、より多くの顧客を獲得する意図のもと、
SNSやブログなどのプラットフォーム上で消費者が情報発信を行うことで成立します。
アーンドメディアは、報道で取り上げられたり、多くの好意的なユーザーレビュー、有名な人からの推薦、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSでシェアされるなど、多方面にわたります。インフルエンサーよるマーケティングもこうしたアーンドメディア戦略の一つです。
企業側の情報のコントロールが難しいですが、うまく活用すれば評判や信用を獲得することが出来るでしょう。

まとめ

トリプルメディアについて、その意味と役割を見てきました。
メディアにも3種類の分類があり、それぞれ目的やメリットデメリットが変わってきます。
自社のマーケティングにどのメディアを活用すべきか、参考にしてみてください。

  • このページを共有する