WordPressインストール後の最低限の初期設定まとめ

Wordpressインストール後の最低限の初期設定まとめWordPressにはじめてログインしてみると、メニューが多すぎて何から始めればよいか迷ってしまいますよね。
そこで、WordPressをインストールした後にまずやるべき初期設定について解説します。

一般設定

一般設定では、下記をまず設定するとのちの設定がスムーズです。管理画面の左にある設定→一般の順にクリック。
すると以下の項目が出てきます。
 
・サイトタイトル
→まずはサイトのタイトルを決めましょう。
タイトルは検索エンジンの検索結果に表示されるものなので、とても重要です。わかりやすく、覚えやすいものがよいかもしれません。
 
・アドレスの「https化」
→SSL化設定をする場合は「http」→「https」に書き換える必要があります。レンタルサーバーの自動インストール機能使ってWordPressをインストールした場合、WordPressアドレスとサイトアドレスの両方がhttpで記載されているケースがあるのでhttpsへ変更が必要です。
変更時にWordPressアドレスの設定を間違えると、サイトの管理画面にログインできなくなるトラブルが多いので要注意です。
 
・メールアドレスの設定
→管理者メールアドレスの設定を行います。設定を行えば、ブログ記事のコメントやWordPressからの連絡を受け取ることが出来ます。

表示設定

表示設定で設定できるのは、サイトのトップページに表示するコンテンツの内容や、RSSサービスに関する設定です。設定→表示設定とあるので、そちらをクリックして設定します。どんな内容を設定しようか迷ったら、下記を設定しましょう。
 
・ホームページの表示
→サイトのトップページに表示するコンテンツを設定できます。
一般的にブログは最新の投稿を、コーポレートサイトは固定ページを設定することが多いですね。
 
・1ページに表示する最大投稿数
→表示件数が多すぎると速度が遅くなり見づらくなるので、10前後にするのがオススメです。

ディスカッション設定

ディスカッション設定とは、ユーザーのコメントに対する管理方法を設定するものです。
こちらも左メニューの設定→「ディスカッション」から、下記の7つが設定できます。
 
・デフォルトの投稿設定
・他のコメント設定
・自分宛のメール通知
・コメント表示条件
・コメントモデレーションとブラックリストの設定
・アバターの設定
 
中でも設定しておくべきなのが「他のコメント設定」です。名前とメールアドレスの入力を必須にしておくとスパムのようなコメントや誤送信防止が期待できます。

パーマリンク設定

記事のURLの設定です。1ページごとのURLをどのように表示するかを設定するものになります。これはSEOの観点からも重要になるため、忘れずに設定しましょう。
左メニューの設定→「パーマリンク」から設定します。
 
Googleは下記を推奨しています。
 
・サイトのURL構造はできる限りシンプルにする
・IDではなく意味のある単語を使用する
 
よって、カスタム構造にチェックを入れて”/%postname%”と入力。
記事や固定ページの編集画面で、それぞれ固有のパーマリンクを設定できるようになるのでオススメです。

まとめ

以上、初期設定についてまとめました。WordPressは多岐にわたる設定項目があるので、迷いがちです。今回最低限のものだけをまとめているので、よくわからなかったら今回紹介したものから設定しておくといいでしょう。

  • このページを共有する