スマホ検索結果でファビコン表示デザインに変更!注意点は

ファビコンスマホ検索結果のデザインが最近変更されましたが、皆さんはお気づきでしょうか。
今回新たにGoogleは、サイト名とファビコンが表示されるデザインへと変更をしました。

そもそもファビコンとは?

ファビコンとは、Webブラウザでページを開いた際、タブの部分に表示されるアイコンのこと。ファビコンはそのページを判別する際の目印になります。
ファビコンをいわゆるシンボルマークのような感覚でとらえる方も多いでしょうから、一目見ただけで自分が訪問したことがあるサイトかどうかの判別も容易です。サイトリリース側から見ればブランディングにもなりますね。

スマホ検索結果にファビコン表示、その影響

ファビコンはいままでPCの検索結果画面のみに表示されていましたが、今回の改変でスマホの検索結果にも表示されるようになりました。

どんな風に変わったのか確認してみましょう。
これまでのスマホ検索結果では、次の順番で各要素が並んでいました。

  1. ページのタイトル
  2. URL(パンくずリスト)
  3. スニペット

新しいデザインでは次のような順番になります。

  1. ファビコン +URL(パンくずリスト)
  2. ページのタイトル
  3. スニペット

ページのタイトル表記がなくなり、ファビコンにその役割を譲った形になっています。

ページタイトル→ファビコン表示変更で変わること

ページタイトルがほかのサイトと比べいかにユニークだったとしても、文字列には変わらないわけで見ている側はタイトル読む→(記憶などと)関連付ける必要があります。
ビジュアルで表示されるファビコンなら、この意味解釈の過程はなく、一瞬で「腑に」落ちます。
またビジュアル画像特有のひきつける力があり、意識しなくても目に入ってきます。
そのサイトを想起させるシンボルとしてファビコンを覚えているユーザーもいるでしょうから、アクセス獲得という面でも有利に働きます。

Google 検索向けファビコンのヘルプページ

ファビコン表示の検索結果導入に伴い、Googleのヘルプページが公開されました。
スマホサイトを運用している方はこちらをご覧になり、ファビコンの設置を行いましょう。設置方法は特別な技術は不要で、簡単に対応できます。
ですがペナルティを避けるためにも、Google検索におけるガイドラインは必ず確認しておくことをおすすめします。

ガイドラインの内容を簡単に紹介すると、検索結果横にファビコンを出すときは

  • Googleがファビコンのファイルとホームページをクロールできる
  • Webサイトのブランドを視覚的に表現している
  • サイズが48ピクセルの倍数(48×48、96×96など)
  • ファビコンのURLを固定する(頻繁に変えない)
  • わいせつ、差別などを想起させるデザインを使わない

などの決まりを守っている必要があります。
※すべて満たしていても表示されないケースもあります。

Google広告のデザイン変更で問題が発生する?

実はWebサイトのファビコンだけでなく、検索結果に掲載されるGoogle広告のデザインも変更され、広告の場合は「Ad(広告)」というファビコンがつくようになりました。
しかしこのAdというファビコンをめぐり、広告ではないにも関わらずAdというファビコンを設定しユーザーを惑わずいたずらも発生しているようです。今後何らかの仕様変更があるかもしれませんね。

ファビコンを変更する際の注意点

ファビコンを乱用しすぎると、ペナルティとして独自のファビコンが表示されなくなる可能性があるようです。
むやみやたらに変更するなども避けた方がよさそうですね。
なお、乱用が確認されたサイトのファビコンは、デフォルトの地球儀マークのファビコンが代わりに表示されます。地球儀のファビコンはよく見ますが、これが設定していないだけか、ペナルティを受けて戻されたのかは判断がつきません。
ガイドラインでも警告しているので、ぜひ確認してみてください。

まとめ

ファビコンは従来、あまり意識されることなく制作者の裁量で付けているケースも少なくないかと思います。
ただ今回はPC・スマホ、デバイス関わらず採用となり、Googleの検索結果にきちんと採用された要素として考えることができます。すなわち、ファビコンをめぐるマーケティング的な重要度は上がりました。
ガイドラインを守って、ブランディングにつながるファビコンを設置してみてはいかがでしょうか。

  • このページを共有する