500色の色えんぴつ

こんにちは。デザイナーの藤川です。
初めてのブログで緊張しております。よろしくお願いします。

今回は、フェリシモの『500色の色えんぴつ』サイトをご紹介します。

【FELISSIMO 500色の色えんぴつ】
http://www.felissimo.info/contents/colors/

500.jpg


フェリシモは、毎月商品が届くという、いわゆる頒布形式の通信販売で有名ですね。
この500色の色えんぴつもその一つで、毎月1セット25(色)本ずつ届き、20ヶ月で500(色)本となって揃うんだそうです。

サイトにも書かれていますが、この色えんぴつ。
7年前の1992年に一度販売されているのです。
500色というあまりに膨大なセットなうえ、数量限定だったため、当時話題になったと私も記憶しています。
それがいま再販されたのです。
今回は誰でも購入できるようです。

さて、このサイトでは、その500色全てを見ることができます。
なんと色だけでなく、「色の名前」も全て付けられています。
“500色の色えんぴつとは > 500色図鑑”
から見ることができます。

ただの「あか」とか「きいろ」ではありません。
『木苺のゼリー』や『春を告げるうぐいす』、『柊のクリスマスリース』『摘みたてのブルーベリー』
など、比較的色を想像しやすいものもあれば、
『若返りの泉』『ポンパドゥール婦人の笑顔』『ためらい』『勝利に酔う土佐犬』
などの…「な、なんでかしら…?」と思ってしまうような、非常に詩的というかアバウトというか…(笑)面白い名前もたくさんあります。
でも、なんだか、詩のような色の名前なんて素敵ですよね。
色の名前から、想像が膨らみます。

私たちデザイナーも、かなり微妙な色合いを調整し、無数の色の中から常に一つの色を選択をしているわけですが、色ってこんなにあるんだなあと驚かされます。
また、それを見分けることのできる人間の目というのは、かなり高機能なのかもしれません。

この500色と、色の名前を見ていると、絵が描きたくなってきますね。
『お母さんのおしるこ』色を使って、おしるこを想像して描いたら、おいしそうに描けるでしょうか。

  • このページを共有する