作成者別アーカイブ: sato.y

誤解を招くグラフに注意!「詐欺グラフ」にならないために気をつけるポイント5つ

4034001_s

グラフは作り方を誤ると、見た人に大きな誤解を与えてしまうことがあります。最近は、誤解を与えやすいひどいグラフは「詐欺グラフ」や、「ダメグラフ」と呼ばれるケースが増えています。 そのため、グラフを作成する際は、データをうっかりねじ曲げてしまわないよう注意が必要です。Webサイトでは、既にある資料のグラフをそのまま掲載するといったケースが多いため、Web担当の方…続きを読む

  • このページを共有する

Instagramが2020年12月に改定した規約の内容とは?キャンペーンを企画する際は要注意!

img_300_200

昨年末、Instagramの利用規約改定が話題になりました(有効になった日は2020年12月20日)。WebサイトでもSNSと連携したキャンペーンを企画・告知することは多いですが、うっかりしていると「規約違反してしまった」や「規約違反でアカウントに制限を受けた」という事態になってしまうかもしれません。 規約違反は企業の信頼に関わります。そういった事態にならな…続きを読む

  • このページを共有する

マイクロコピーとは?その役割と作成する際のポイント4つ

マイクロコピーとは?その役割と作成する際のポイント4つ

「キャッチコピーは大切」。これに異を唱える人はいないでしょう。小規模の企業やサービスであっても、プロのコピーライターさんに依頼して印象的なキャッチコピーを作成してもらうことは珍しくありません。   では、同じコピーでも「マイクロコピー」はどうでしょうか。Webサイトやアプリにおいて欠かせないものですが、意外とおざなりにしてしまいがちです。今回は、そ…続きを読む

  • このページを共有する

Webサイトにおける「ボタン」の基礎知識

img_300_200

普段Webサイトを使用する中で、何気なく見ているボタン。 こうしたボタンはカートへの商品追加、フォームの送信、コンテンツの削除など、様々なアクションと繋がるパーツです。もしボタンが作動しなかったり、違う場所に遷移するようなことがあれば、ユーザーは大きなストレスを抱えてしまうでしょう。ボタンが正しく機能することは、Webサイトにおいて非常に重要です。 &nbs…続きを読む

  • このページを共有する

ジグザグ型レイアウトの落とし穴

s-300x200

横並びの画像と説明文のセットが段落ごと、互い違いに配置されているのが「ジグザグ型レイアウト」です。雑誌等における自然な視線の流れとして有名なZパターンレイアウトの仲間にあげられることもあります。普段Webサイトを閲覧していて見た覚えがある、という方も多いでしょう。   しかしジグザグレイアウトは意外にも「Webページの流し読み」の観点において注意が…続きを読む

  • このページを共有する

失敗しない色の伝え方

失敗しない色の伝え方

コーポレートカラーがある企業はもちろん、そうでない場合でもWebサイトで使用する色はとても重要な意味を持ちます。 なぜなら企業の第一印象を決める要素になるからです。   使いたい色がある場合は、社内のWeb担当者やデザインを依頼する制作会社に正しく伝える必要があります。すでに使用できる色が決まっている場合は、イメージを壊さないように制作を進めていく…続きを読む

  • このページを共有する

認知負荷を軽減するための5つのポイント

認知負荷を軽減するための5つのポイント

自社のWebサイトを作っていると、こんなことはありませんか。   どれもユーザーに見てほしくて、1つのページに情報を詰め込みたくなる 他社との差別化がしたくて、自社の強い独創性を押し出したくなる などなど しかしそれはサイトを訪れるユーザーに、余計なことを考えさせすぎるかもしれません。 ユーザーにモノを考えさせすぎる状態、これを「認知負荷」と言いま…続きを読む

  • このページを共有する

流し読みパターン一覧!ユーザーはWebサイトをどう見る?

流し読みパターン一覧!ユーザーはWebサイトをどう見る?

Webサイトを訪れたユーザーは、ページを流し読みすることがほとんどだとされています。実際にこの記事を読んでいるあなたも流し読みしているでしょうし、記事を書いている私自身もそうです。   ではなぜ流し読みするのでしょうか。 理由は、 パソコンやスマホで文字を読むのが単純に疲れるから(紙よりも読む速度が25%遅くなるといわれています) Webサイトは「…続きを読む

  • このページを共有する

デザインシステムを理解しよう!定義・メリット・導入事例まとめ

デザインシステムを理解しよう!定義・メリット・導入事例まとめ

みなさんは、「デザインシステム」をご存じでしょうか。 Webサイト制作やアプリケーション・サービス開発、ブランディング等を行う仕事でない限り普段からデザインシステムに触れるシーンは少ないですが、そういえばうちの会社のサービスにもあったな、なんて方もいるかもしれません。   デザインシステムを活用するシーンは例えば 大規模なデジタルプロダクト※をデザ…続きを読む

  • このページを共有する

使い分けが重要!ページネーションと無限スクロール【無限スクロール編】

使い分けが重要!ページネーションと無限スクロール【無限スクロール編】

いかにユーザーがストレスなく、Webサイトを閲覧できるか。 これは作り手側で常に意識しているわけですが、1ページあたりの情報量が多くなると、閲覧の際に読み込みが遅くなったり、ユーザーが知りたい情報を見失う恐れもあるので、何か対策を考える必要があります。 その際に実装できるUI様式として、ページネーションと無限スクロールの2つがあります。どちらが良い・悪いとい…続きを読む

  • このページを共有する