MENU

RECRUITING 2021

ブログBLOG

2年目の社員に聞いてみよう!新卒2年目ってどんな感じ?

2020.09.08

新人研修ブログも9か月目となり、入社からもうすぐ半年が経ちそうです。

一体来年、再来年の自分はどうなっているんだろうと考える今日この頃。

 

僕も就活生のころは、

「新卒で入ったのに、すぐに退社しちゃうような会社は嫌だ!」

と思って就活していたのを思い出しました。

 

そこで、新卒入社2年目のディレクターの堀江さんと、デザイナーの飯田さんにインタビューを行いました!

少し上の先輩は、どのような気持ちでウェブラボで働いているのでしょうか?聞いてみましょう!

一年目との変化

入社1年目と変わったなあと思うことはありますか?

 

堀江: ひとりで出来ることが少しずつ増えてきたことです。

前までは何をするにも先輩に相談が必要で、お客様からの質問にすぐ答えられなかったりしましたが、今は自分で判断して返答ができるようになりました。

また、それに伴って未経験の企画やお客様からのご要望にも柔軟に対応できるようになったと感じています。その分責任も伴うので気を引き締めて仕事をしたいですね。

 

飯田: 今年4月からリモートでの勤務になり、作業環境が自宅になったことでかなり変わりました!

周りに先輩がいないので、より一層自立して業務をこなせるようになりたいという意思が強くなりました。

 

 

業務内容はどのように変わりましたか?

 

堀江: 前は先輩社員の補助的な役割が多かったですが、今は中心になって案件を進める形になりました。自分で主体的に動くことが多くなったように思います。

判断を任されることも多いので、経験と照らし合わせて、何がお客様やサイトのユーザーにとって最善かを考えています。

また、チームが変わったので新しく覚えることが多く、日々刺激的ですね。

 

飯田: 入社当初は、バナーのリサイズ・修正作業や、サイト内で使用するイラストの作成が主な業務内容でした。

2年目からは、上記に加えて1人で1サイト全体のデザインを任せてもらえるようになり、サイトの深い部分まで制作に携わらせていただける機会が増えました。

 

自分の糧となっているエピソード

ウェブラボで働いていて、良かったなあと思う瞬間はどういった時ですか?

 

堀江一番はたくさんの企業、団体の事業、活動に深いところで触れられることです。志望動機のひとつでもありました。

「このタイプの商品が人気」「この仕組みは例えるならエンジンのようなもの」という業界固有のお話を聞くと本当に面白く、また、その職業や活動をサイト設計という形で支えられることで、この職業についてよかったなと思います。

 

飯田新人でも様々な案件や業務にチャレンジさせてもらえるところがウェブラボのいいところだと思います!
ただ無暗にチャレンジさせるのではなく、先輩社員が親身に質問や相談に乗ってくださってくれるのが、とてもありがたいです。

 

 

今までで印象に残っているエピソードを教えて下さい。

 

堀江構成を任された案件で、システムとの連携をとるサイトがありました。

今まであまり見たことの無いサービスのサイトだったので、類似のシステムの複数のサイトを参考に、何がユーザーに必要な情報か、どうすれば見やすいかを考えながら構成を進めました。

上司の方から色々指摘を受けて修正したもの「こういう視点で考えればいいのか」と

参考になりました。

普段なじみのないサービスや業界についての案件がきたときのための力がついたと思います。

 

飯田実は昨年の今頃、初めてトップページのデザインを任せてもらったんです!その頃は、下層ページのデザインを作成するのにも四苦八苦していたので、当然手も足も出せませんでした…。

OJTの先輩、ディレクターさん、制作職の先輩に助けてもらったにも関わらず、かなりの作業工数がかかった上にボツになってしまい、申し訳なさと不甲斐ない気持ちで一杯でした。

でも、入社した早い段階で携わらせていただけたのは非常に勉強になりましたし、今後もこの経験を糧にしていきたいと思っています。

 

これからの目標を教えて下さい。


堀江よりユーザーの視点で「何が最善か」「どうすれば使いやすいか」を考えて効率的に仕事ができるようにしたいです。

まだ上司の方や先輩に頼ること、助けてもらうことが多いので、一回一回で学習したことを身に着け、次も発展的に使えるようにしたいですね。

 

飯田今もまだ自信はないですが、少しずつでも着実に技術を身につけてデザイナーとして貢献できるように頑張っていきたいです!

 

 

先輩方、インタビューありがとうございました。

ウェブラボでは、一年目や二年目でもたくさんの経験をさせてもらえるので、出来ることがどんどん増えるようですね。

僕もまずは目の前の仕事からちゃんとこなせるように頑張ります…。

就活生の皆さんへ

就活生の皆さんも、面接対策や自己分析のために自身の将来像を考えたりしますよね。

でも遠くの未来のことを想像することはすごく難しいです…。

だからこそ、就活をして色々な企業の説明会に参加する中で、

もっと身近な未来を社員の方に聞いてみるのはいかがでしょうか。

「どうしてその会社で仕事を続けられているか」

「その企業のどういったところが好きで仕事をしているのか」

そうすれば、少しずつ自分自身と相性のいい企業が見つかると思います。

内定することがゴールではないです!内定という結果だけにとらわれずに、柔軟な心で就活をしていってください。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

PAGETOP