MENU

RECRUITING 2021

ブログBLOG

先輩に聞いてみよう!Web業界の実態調査

2020.03.21

お久しぶりです!2020年卒内定者の町村です。

少しずつ暖かくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私はというと、東京への引っ越しもひと段落し、束の間の休息を得ているところです。

 

しかし、もう3月も下旬。入社までの日にちが刻一刻と迫ってきていることに焦りを隠せません。

 

このままではいけない、何かしなければ…

そうだ、業界についてもっと詳しくなろう!

そこで気づきました。Web業界って意外と謎が多いな…

 

ならば、実際にWeb業界で働いている人に聞いてみよう!ということで…

 

ウェブラボの社員の方にインタビューしてきました!就職活動中の皆さんもきっと気になっているはず!

 

それでは、知られざるWeb業界の実態を探っていきましょう!

 

今回は14年目のデザイナー兼プログラマーの田中さん、7年目のデザイナー兼プログラマーの佐藤さんにインタビューを行いました。

まずはお二人について!

現在、どのような案件を担当していますか?

 

田中:電気会社と転職系や工業系の企業を担当しています。その時々によってコーディングとデザインを分けて行っている感じですね。

 

佐藤:私は紳士服会社を担当しています。デザインが主ですが、プログラマーのスケジュールが合わないときは修正を手伝ったりもしています。

 

初めからWeb業界を志望していたのですか?

 

田中:もともとはデザインがやりたかったのでパッケージを作る紙の会社も受けていましたよ!ものづくりをしたいという気持ちが強かったのでWeb業界に絞って考えていたわけではありませんでした。

 

佐藤:私は真逆ですね。ウェブがやりたくて入りました。それで専門学校にも行っていたくらいなんです。

Web業界について

Web業界の魅力とは何ですか?

 

佐藤:制度や考え方が柔軟な会社が多いところですかね。成長途中で試行錯誤している会社が多いイメージもあります。

 

田中:Web制作会社ではクライアントの抱えている悩みをヒアリングして、一緒に考えてその会社の助けになるものを作っていきます。ウェブラボの経営理念は「共に創り、共に発展する」なのですが、そういうところはものをつくりたいという人にとっては魅力なのではないでしょうか。

 

Web制作会社の違いがあまり分からないのですが、規模の大小による違いはありますか?

 

田中:あまりないと思いますね。人数は関係ない気がします。働いている人たちのポリシー的な部分の方が大事なのではないでしょうか。

 

大きな会社が大きな企業のサイトを作っているというイメージを持っていたのですが、そういうわけではないのですか?

 

田中:例えば大きい会社から独立したときに、前の会社で大きいクライアントを抱えていて、独立してからも継続するみたいなこともありますから一概にそうとは言えないかもしれません。

 

佐藤:スーパーデザイナーみたいな人が会社を立ち上げて、全部を子会社化してやっているところもあるので規模や業種によらない気がしますね。

 

地方に本社があるところは地方の会社がやっている場合が多いといったような地域性はWeb業界にもありますか?

 

佐藤:あります。地方のWeb制作会社は地方の企業との結びつきが強いイメージです。

 

田中:それこそ働いている人たちのポリシーの部分が大きいかも知れないですね。地元に帰って地元の会社を助けたいという人たちはそういう方針かもしれないですから。

 

 Web業界はどんどん変化していって柔軟に勉強しなければいけないというイメージがあります。必要な勉強やスキルは変わっていくのですか?

 

田中:年々技術は新しくなり、デザインのトレンドも毎年変わるので、その都度勉強する必要があります。今までやってきたことが突然使えなくなることもあるので、それを面白いと思えるかどうか、みたいなところはあると思いますね!

 

デザイナーの方は美術館に行かれたりするのでしょうか?

 

佐藤:ビジュアルを作るのが好きだったり、感性を大事にしている人は足繁く通っていますね。私はあまり行きませんが笑

就活生に向けて

もし学生に戻れたらWeb業界に入るにあたってどのような準備をしますか?

 

佐藤:Webサイトを沢山見ます。自分がよく行くサイトのボタンってどうなっているんだろう?どういう目的で作られているんだろう?とかそういった感じでWebサイトを分解してみると面白いと思います。興味を育てるみたいな。

 

田中:その職種に合わせた勉強はすると思いますが、そればっかりはたぶんしないですね。学生だから出来ることをひたすらやります。悔いがないように。社会人になって十数年経ちますが、色んな事をやっておけば良かったと思います。勉強は後からできるので、経験の方が大事です。そういった経験は勉強には代えがたい人間力のようなものになると思うので。

インタビューを終えて

Web業界、想像以上に奥が深かったですね。今までやってきたことが急に通用しなくなることもあるなんて驚きです。そのほかにも貴重なアドバイスも沢山頂けましたね。興味を育てる、ということは今まであまり意識してやってこなかったのですが、学びや仕事そのもののモチベーションアップにも繋がるのですごく大切ですね。これから実践してみようと思います。

 

さて、皆さんのモヤモヤも少しは解消されたのではないでしょうか。自分は業界の実態が明確になり、社会人になるという実感がいよいよ湧いてきました。非常に身が引き締まる思いです。共に頑張りましょう!

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

PAGETOP