Web制作・ホームページ制作 HOME > 社長コラム あなたの質問に答えます > 2016年4月 今月の質問

2016年4月 今月の質問

社長コラム

  • バックナンバー

ウェブラボ代表の山浦がお客様から頂いた質問に答えるコーナーです。毎月ひとつのテーマを取り上げ、分かりやすくご説明します。 Webサイト制作について・サイトの運営についてなどなど、皆様からのご質問をお待ちしております。

社長コラム あなたの質問に答えます

作成日:2016年4月25日

4月の
テーマ

新規事業を立ち上げます。
拠点もこれから決めるのですが、競合の多さや、潜在顧客の多さ等、どうやって調べ(決め)れば良いと思いますか?

今はかなりの情報がネットで入手できます。
ネットで入手できない場合は、官公庁のデータなどをあたってみますが、それでも分からないものはフェルミ推定で考えていきます。

ちょうど、私も今、新規事業を立ち上げているところです。

 

この質問への回答は、恐らく、新規事業の規模やレベル感によって変わってくると思います。

いきなり何億もの資金を投じて行う新規事業なら、それなりの調査機関に依頼した方が良いですが、

今回は、せいぜい数百万以内の資金で始める新規事業という想定で回答します。

競合はネット検索で

今どき、相当アナログな業界で無い限りは、どの企業もWebサイトを持っています。

ですから、検索エンジンで調べてください。

 

Webサイトを立ち上げる時と一緒です。

 

検索エンジンで調べたら、比較表を作っていきます。

 

私も、今、新規事業立ち上げにあたって比較表を作っています。

これを作ると、自社が狙う業界で、どんなポジショニングをとっていけば良いかなども見えてきます。

データの無い数字はフェルミ推定で

潜在顧客の多さについては、この質問を読む限りは、拠点選びをするにあたって、潜在顧客が多い場所の選び方を聞きたいのでしょうか?

一応、そういう想定で回答しますが、これは、仮説を立てて、手に入る数値から推論し、概算数値を出すしかないと思います。

いわゆる「フェルミ推定」ってやつです。

その上で、その推論が外れてもすぐに次の推論を試せるような身軽な事業展開をしていくと良いのではないでしょうか。

 

例えば、当社は1月から大阪に事業所を出しました。

単純に、東京・神奈川に次いで法人数が多いからなのですが、本当に、当社のクライアントになりうる企業が多いのかは、今も確信が持てていません。

実は、大阪に事業所を出す前から、当社は大阪よりも京都や兵庫のクライアントの方が多かったのです。

ですから、もしかしたら京都に移す可能性もあると思い、大阪の事務所は、かなり身軽な規模で展開しています。

 

要はテストしてみないと分からないということです。

一歩進んだら新たな現実

あまり慎重すぎても機を逸してしまいます。

 

よく、早く成功したかったら、早く失敗したほうがいいって言いますよね。

 

一歩進んだら、また風景が変わります。動くことによって分かることは多いですから、当初の仮説も変わってきたりします。

 

「リーンスタートアップ」

 

という言葉がありますが、失敗しても大丈夫な規模でスピーディにどんどんチャレンジしていくのが、今どきなのかなと思います。

  •  
  •  
  • このページを共有する
中小企業のための11日間Web講座 無料
社長ブログ
スタッフブログ
中小企業のための11日間Web講座 無料

ウェブラボ運営のFacebookはこちら
Webサイトの運用や制作に関するニュースをピックアップしてお届けしています。

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384受付時間:平日10:00〜18:00

今すぐ相談する

今すぐ相談する