Web制作・ホームページ制作 HOME > 社長コラム あなたの質問に答えます > 2016年2月 今月の質問

2016年2月 今月の質問

社長コラム

  • バックナンバー

ウェブラボ代表の山浦がお客様から頂いた質問に答えるコーナーです。毎月ひとつのテーマを取り上げ、分かりやすくご説明します。 Webサイト制作について・サイトの運営についてなどなど、皆様からのご質問をお待ちしております。

社長コラム あなたの質問に答えます

作成日:2016年2月25日

2月の
テーマ

社員を雇うべきか悩んでいます。
起業後、山浦さんはどんなタイミングで社員を採用したのですか?
社員を採用しようと思ったきっかけは何ですか?
最初の社員はどんな人を雇いましたか?

採用のタイミングは、そういうタイミングが来たら、たぶん自分が分かります。
ウェブラボ(Weblab)代表・山浦のコラム

私の場合、最初の1年半は1人でビジネスを行っていました。

 

ただし、全ての業務を1人でやるのは難しいので、外注さんにもお願いしていました。

私はディレクターなので、デザイナーやプログラマーの仕事仲間もいたし、電話応対などは電話秘書を使ったりもしていました。

 

起業したときから、早く20~30人ぐらいの規模にしたいと思っていたので、早く従業員を雇いたかったのですが、月々の売り上げが安定しなかったので、1年半の間、雇えませんでした。

採用のきっかけとタイミング

採用のきっかけになったのは、いくつかの企業から、毎月コンスタントに更新のお仕事をもらえるようになったことです。

 

更新の作業は、似たような作業を毎月行わなければなりません。

起業家の多くがそうであるように、私も飽きっぽい性格なので、私よりも従業員の方が定期更新の作業は上手にできるのではないかと考えました。


また、社員を雇うまでは、大きな制作は外注を使っていましたが、こまごまとした作業は、外注を使う方が連絡などがむしろ面倒なので、自分でやっていましたが、その頃には、早くそういった作業から開放されたいという思いが強くなっていました。

 

 

もちろん毎月お金が入ってくる見込みが立ったというのもあります。

 

今回読者の方からいただいた採用のタイミングに関する質問はいろいろなところで受けます。

そんな時、私はこのように答えています。

 

1)毎月従業員への給与を払える売り上げの見込みが立っていること

 

2)いくつかの業務に対して自分のモチベーションが下がってきたこと

 

たぶん1)と2)は同時に起こります。

2)が起こる大きな要因が、売り上げの増加だからです。

こんな思い↓が強くなると思います。

 

この作業を社長である自分がやっている場合じゃない

採用のメリット

その後、私は従業員を毎年2名ぐらいずつ増やしてきましたが、正直、何度か胃が痛くなる思いもしました。しかし、「やっぱり1人でやってれば良かった」と思ったことは一度もありません。1人でビジネスを行うよりもメリットの方が多いと思うからです。

 

  • 自分が休んでも会社がまわる
  • 自分が知らないことを社員からサポートされることもある
  • 1人よりも楽しい
  • 事業スピードが速くなる
  • きちんとした企業として社会や取引先からの評価される

最初の社員

最初の従業員にどういう人を雇えば良いのかについては、業種によって異なると思います。

 

私の場合は制作スタッフを雇いましたが、コンサルタントなどの人は、秘書などの方が良いのかもしれません。

 

また、今は人の働き方もいろいろなので、雇い方も一律に正社員でなければいけないということは無いと思います。

 

例えば、子育てがひと段落した昔バリバリのキャリアウーマンだった主婦の方をパートで雇うなどです。私の知り合いのコンサルタントは在宅秘書を上手く使っています。

 

1つだけ、慎重になるべきだと思うのが即戦力の採用です。

 

小さな規模で即戦力を求めようとすると恐らく採用が上手く行きません。そもそも、そういった方から応募がありませんし、あっても創業したばかりのベンチャーに来てもらうためには、相応な報酬が必要です。

それに、もし採用できても、採用後に気を使うので、私はあまりお勧めしません。

 

それであれば、経験は無いけど会社と一緒に成長していけるようなモチベーションの高い若者や子育てが終わり社会復帰したい主婦の人などに、業務マニュアルを作りながら教えていくという方が良いと思います。

心配性の方へ

私はかなりの心配性です。だから、人を雇うかどうか、最初の1歩がなかなか踏み出せませんでした。

 

そんな慎重すぎる私に、起業当時入居していたインキュベーション(起業家向けのオフィス施設で、私は杉並区が運営する施設にいました)のインキュベーションマネジャーがこんな言葉をくれました。

 

「仕事が入る器がないと、

 それ以上仕事は入ってこない。

 

 たとえ仕事が一時的に途切れても、

 器があれば、ちゃんと仕事は入ってくる。

 

 そのためにきちんと準備していれば

 そんなに心配しなくても大丈夫。」

  •  
  •  
  • このページを共有する
中小企業のための11日間Web講座 無料
社長ブログ
スタッフブログ
中小企業のための11日間Web講座 無料

ウェブラボ運営のFacebookはこちら
Webサイトの運用や制作に関するニュースをピックアップしてお届けしています。

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384受付時間:平日10:00〜18:00

今すぐ相談する

今すぐ相談する