Web制作・ホームページ制作 HOME > 社長コラム あなたの質問に答えます > 2015年12月 今月の質問

2015年12月 今月の質問

社長コラム

  • バックナンバー

ウェブラボ代表の山浦がお客様から頂いた質問に答えるコーナーです。毎月ひとつのテーマを取り上げ、分かりやすくご説明します。 Webサイト制作について・サイトの運営についてなどなど、皆様からのご質問をお待ちしております。

社長コラム あなたの質問に答えます

作成日:2015年12月25日

12月の
テーマ
blogやFacebookの投稿を社員にやらせるとちょっとズレた文章があがってきて、困っています。
結局、自分でやり直すということがほとんどです。
社員の文章のクオリティを上げる方法はありますか?
その文章を読む対象者と目的を明確にして、ダメな文章が上がってきたら、根気良く、どの辺がダメなのかを伝えて、やり直しさせます。そうすると、次第に精度があがっていきます。

当社でも、スタッフblogとFacebookを社員に更新してもらっています。

私はクオリティチェックだけ。

 

文章ってセンスによるところも大きいんですよね。

何を教えていなくても、最初から良い文章を書いてくる社員もいれば、大卒とは思えない文章を書いている社員もいます。

 

私も最初は同じような悩みにを持っていました。

そして、よく書き直していました。

 

でも、こちらで書き直していたら、いつまでたっても社員は成長しません。

だから、いつまでたっても私は楽になりません。

 

そこで、私が行ったのは、次の2つです。

今でもクオリティチェックはしていますが、書き直しさせることはほとんど無くなりました。

1)読む対象者と目的を明確にして社員に伝える

当社の場合はWeb制作会社なので、社員は「とにかくWebに関連することを書けばイイや」と思ったのでしょう。

技術者が好むような最新の技術に関するニュースを書いてきたりしたんですよね。

でも、それは当社のお客さんが読みたい投稿じゃない。

 

そこで、社員に

 

「このfacebookページは、Webでの集客に興味がある中小企業のオーナーやWeb担当者を対象にしています。技術的には、むしろ初心者。分かりやすい投稿のfacebookページだと思われたい。問合せにつなげようとか思わなくて良いです。このfacebookページは、分かりやすいしチェックしようと思ってもらえる存在になってくれれば良いです。だから、そうではない投稿は、書き直してもらいます。」

 

ということを宣言しました。

 

それによって、投稿のテーマ自体がズレるということは、だいぶ少なくなりました。

2)投稿がイケてない時、どの辺がどのようにダメなのか、その社員に根気良く伝える

最初はしょっちゅうイマイチなものがあがってきます。

1で語ったようなテーマが対象とズレるという分かりやすいものから、日本語としてイマイチという、添削が非常に面倒で難しいものまであります。

 

この場合は、ただ“ダメ”と言ったり、書き直すのではなくて、どの辺がどのようにダメなのかを伝えて、やり直しさせます。

 

当社では勉強の一環として、facebookの投稿をその時の新人社員にやらせているのですが、昨年の新人がよく日本語としてイマイチな文章をあげてきました。

 

  • 主語が誰だか分からない
  • 1つの文の中で主語が入れ替わってる
  • 言い方が違うだけで同じことを2回繰り返している
  • 一文が長くて読みづらい
  • 評論家口調、上から目線 etc

私の経験だと、だいたい指摘するパターンが5つぐらいに収斂していきます。

その人の文章の癖みたいなものです。

 

場合によっては、書き直して見本を見せてあげます。

 

本人も書き直すのは嫌ですから、さすがに何度が同じ指摘が入ってくると、自分が書いた文章を見直すようになってきます。

そうして、だんだんと精度が上がっていきます。

*  *  *

 

 

最初は「自分でやった方が早い」と思うかもしれませんが、そこを乗り越えると、大きな果実がまっています。頑張ってください。

  •  
  •  
  • このページを共有する
中小企業のための11日間Web講座 無料
社長ブログ
スタッフブログ
中小企業のための11日間Web講座 無料

ウェブラボ運営のFacebookはこちら
Webサイトの運用や制作に関するニュースをピックアップしてお届けしています。

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384受付時間:平日10:00〜18:00

今すぐ相談する

今すぐ相談する