MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)
06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > クライアントからの指示の本当の意図

クライアントからの指示の本当の意図

by 山浦 仁 / 2013.10.25

  1. 仕事術

クライアントからの指示我々は日々、クライアント(Webサイト制作の依頼主)から、打ち合わせや電話・メールを通じて沢山の要望や依頼を受けています。
すぐに飲み込める内容もあれば、そうではないものも沢山あります。

例えば、コーポレートカラーが青で、上手くデザインがまとまってきたのに、突然
「オレンジにしたい」
と、言われたりすることもあります。

そんな時、ただただクライアントの言うことを伝書鳩のようにデザイナーに伝えてデザインを修正するなんていうことをしたら駄目です。
必ず、なぜそうしたいのか、その意図を聞かなければなりません。

本当に「オレンジにしたい」のではなくて、現状の青のデザインが寒く感じるだけなのかもしれません。
もしそうであれば、全体をオレンジ色にまとめ直す以外に、もっと良い解決方法を提示できるはずです。
もし提示できれば「この制作会社、さすがわかっている!」とクライアントは我々を信頼してくれます。

もし、伝書鳩のようにデザイナーに伝えて、そのままの作業をしてクライアントに提出して、やっぱりイマイチだった場合、どうなるでしょう!?
クライアントは「この制作会社はセンス無いなぁ」という風になり、社内の制作スタッフも「このクライアント腹立つなぁ」となっていきます。
制作進行が上手く行かなくなる時というのは、多くがこういったコミュニケーション不足が原因です。

違和感や無理のある要望が来たら、なぜそういう要望が来たのか、クライアントの気持ちになって考えてみましょう。
そうすると、案外、別の方法で簡単に解決できることがあります。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~17:00

今すぐ相談する